泊まれる本屋『BOOK AND BED TOKYO』で寝落ちする至福の時

泊まれる本屋『BOOK AND BED TOKYO』で寝落ちする至福の時

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/12

「泊まれる本屋」というコンセプトで、2015年に東京都(豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7階)で開業し、自由に読める本を常備しているのが特徴のホステル『BOOK AND BED TOKYO』。ここが、同ビル内の上の階と統合し『BOOK AND BED TOKYO 東京店』としてリニューアルしたというので、同店に宿泊してみた。

実質的に上の階が増床されたわけだが、バーが併設された点を除けば、この階の基本的な「スペック」は変わらない。2人がすれ違えるほどの幅の通路に沿って、本の詰まった本棚がずらりと続き、本棚に埋め込まれているような形でベッド空間がある。

No image

各ベッドは、三方が羽目板に囲まれ、一側面が黒いカーテンで仕切った出入り用の開口部となっている。中を見ると、マットレスに白いシーツが敷かれ、枕と掛け布団が置かれている。壁にはハンガーが2本掛かり、隅っこにコンセントの穴が3つあり、貴重品入れ用の小型金庫が棚の上に鎮座している。本棚の一冊を読みふけりながら、寝落ちするには最適の環境だ。ちなみに耳栓が無償提供されている。

「泊まれる本屋」というが、実は本は売っていない。棚にあるものは、どれでも自由に手にとって読んでかまわない。図書館の蔵書と違って、背表紙に書架番号といったものは付いていないので、返すときは記憶を頼りにだいたいの場所に戻せばOK。

夜が更け、「さてさて、今夜はどの本を読もうか」と本棚に目を走らせる。『那覇の市場で古本屋』、『本で床は抜けるか』、『ニューヨークの古本屋』といった書名が目に留まる。さすが本好きのためのラインナップと思いきや、『池上彰が聞いてわかった生命のしくみ』とか『アドラーの365日の言葉』というのもあり、児童書の『おしいれのぼうけん』もあれば、『花より男子』や『NANA』といったコミックもちらほら。運営会社の(株)アールストア広報部の力丸部長によれば、「本好きのことを考えてラインナップを決めたのではなく、様々なジャンルからまんべんなくピックアップした」とのこと。

No image

ホステル施設に新たにくわわったのが、入り口そばのバー。世界各地の珍しいビールを中心に、これも幅広い品揃え。

No image

もちろん、必要なアメニティは完備している。本棚と壁ひとつ隔てた通廊ぎわに男女別のトイレがあり、突き当たりに洗面台が並んでいて、その向かいにシャワールームがしつらえてある。また、シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、歯磨き、バスタオルからなるアメニティセットも用意されている(540円で、バスタオルは要返却)。

No image

座ってくつろぎながら、他の宿泊者とおしゃべりしたり飲食するための、広いラウンジスペースも充実。

No image

時刻は零時を過ぎ、バッグなど大きな荷物と靴をベッド下の収納スペースに押し入れ、頭と膝から乗り上げるような感じでベッドに上がる。読書灯が、この空間を琥珀色に照らす。冬期は暖房が24時間きいており、掛け布団をかけなくても大丈夫なくらいの暖かさ。本棚から選んだ1冊を読みふけりながら、いつの間にか寝入ってしまい、そのまま朝を迎えた。寝覚めの気分はとてもすがすがしい。

チェックインが16時以降で、チェックアウトが11時の通常の宿泊とは別に、デイタイム(13時~17時)の利用も可能となっている。こちらはベッド・シャワーの使用は不可となっているが、くつろぎのひとときを求める利用客でいつも埋まっているという。宿泊の方も、ほぼ100%稼働率の人気ぶり。読書マニアのおやじ世代が多いのかなと思ったが、意外にも20~30代がほとんどで、女性が7割を占める。国内外の旅行者ばかりでなく、お泊り会のような形で活用する都内近郊在住者も多いので、本好きかどうかに関係なく、まずは一回利用してみてはいかがだろうか。

●『BOOK AND BED TOKYO 東京店』の公式サイトはこちら

文/鈴木拓也

老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
消えてしまったけど好きだった飲料ランキング
嘘みたいだ!顔面酷すぎ少女「整形手術」でとんでもない「美人」に変身!タイで話題に
保護フィルムでスマホを守る時代は終わった。ガラスの強度を15倍にする液体プロテクター「WHOOSH! DIAMOND DEFENSE」を使ってみた
知らなきゃ良かった!ディズニーランドの従業員における「3つの掟」
犬が室内で怪我をする3つの原因とやりたい対策
  • このエントリーをはてなブックマークに追加