鶏肉のグリルが原因か...ドルトムント9選手ダウン

鶏肉のグリルが原因か...ドルトムント9選手ダウン

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/11
No image

ダウンしたドルトムントGKロマン・ワイデンフェラー(左)、中央は香川真司(2016年2月13日)

スペインで合宿中のドルトムントで最終日を前に9人がダウンしたと、11日の独紙ビルトが報じた。

ワイデンフェラー、ビュルキ、バルトラ、シュルレ、プリシッチ、トプラク、ラルセン、シャヒン、ライマンが胃腸系の風邪で療養。原因は鶏肉のグリルだったもようだ。だが、9選手とも14日のウォルフスブルク戦には間に合うとみられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
サンチェスのマンU移籍の鍵を握る選手とは? 代理人が「彼の決断次第」
前代未聞のドーピング事件から考える「勝利の呪い」と依存症の恐怖
大金を稼いだのに破産...米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚
DFBポカールの日程発表...日本人所属クラブ対決は2月7日に開催
43歳MF伊東輝悦が現役続行、J3沼津と契約更新「さらなるレベルアップを」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加