NTTら4社、船舶IoTの次世代プラットフォームに関する実証実験に成功

NTTら4社、船舶IoTの次世代プラットフォームに関する実証実験に成功

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/02/15
No image

日本郵船(NYK)、MTI、NTTおよびNTTデータは2月15日、NYKグループの内航船「ひだか」で船舶IoTの次世代プラットフォームに関する実証実験に成功したことを発表した。

NYKグループでは、昨年9月から4社連携の下、NTT研究所のエッジコンピューティング技術を応用し、船上に設置したSIMSに新機能やアプリケーションを陸上から遠隔で配信・管理する仕組みを付加した次世代プラットフォームを開発してきた。

配信実験は、インフラ設備のIoTソリューションなどで実績のあるNTTデータのIoTプラットフォーム「ANYSENSE」を用いて実施した。

同プラットフォームは、日本舶用工業会が中心となって取り組んできた船舶IoT分野に関する国際標準規格化に対応しており、さらに収集したデータは船上で活用するだけではなく、日本海事協会が設立したシップデータセンター(ShipDC)にも送信・蓄積されることで、海事業界で推進している船舶IoTオープンプラットフォームでの利用も可能になる。

NYKグループでは、今後もNYKグループの外航船でも実証実験を行う予定だとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シャープの大人気ロボット電話機『RoBoHoN』に命が吹き込まれる製造現場に潜入
格安SIM26種の通信速度、リアルタイムに表示できるWebアプリが公開
この便利さ、おわかりいただけるだろうか。音楽再生しながらiPhoneの充電もできるイヤホン
ドンキの激安PCは?「買うべき/買ってはいけない」ノートPC
4万円でWQHD、144Hz対応のゲームモニターをPixioが発売。こだわりのTNパネルで3辺狭額縁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加