現役引退後、「ひふみん」の愛称で大ブレーク中の加藤一二三さん

  • 西日本新聞
  • 更新日:2017/12/07

現役引退後、「ひふみん」の愛称で大ブレーク中の加藤一二三さん。将棋界での通算1324勝は、大山康晴15世名人などに次いで歴代3位の金字塔だが、スランプに陥って20連敗したこともあったという。「手心」などあろうはずもないガチ勝負の世界。干天の慈雨となったのは、音楽であり、宗教だったようだ。

近著「天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生」(日本実業出版社)で、ひふみんは素顔を見せてくれる。テレビ番組で歌うほどの音楽好きは置くとして、キリスト教から学んだ「神様が良しとする生き方をしていれば、必ず神様が手を差し伸べてくださる」という信仰心が傑物を支えた。「今を真剣に」「思いやる心」「感謝の念」…。そんな姿勢を、高み目指すわが身の物差しとしてきたのだろう。

世情を見るにつけ権力欲、隠蔽(いんぺい)体質漂う昨今。「良しとする生き方」を求められているのは、そこここにいるお偉方である。 (田端良成)

=2017/12/07付 西日本新聞朝刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
インパルス板倉、高月収も「地獄は来年2、3月」
深キョン、"ダイビングのインストラクター姿"公開にファン歓喜「まさに人魚」!
松居一代「ナマ会見」時のワイプ 笑いこらえる女子アナ、爆笑の一茂
森高千里「奇跡の48歳」を証明も、唯一隠せなかった部分とは?
かつて「世界一美しい少女」と呼ばれた6才児 → 10年後にこうなった / 再び「世界で最も美しい顏」に! ティラーヌ・ブロンドーさん(16)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加