最新ランキングをチェックしよう
東証業種別ランキング:上昇率トップは鉱業、原油相場の急伸をうけて

東証業種別ランキング:上昇率トップは鉱業、原油相場の急伸をうけて

  • FISCO
  • 更新日:2016/12/01

株式会社フィスコ
本日1日は、鉱業が上昇率トップ。OPEC総会での減産合意を受けて原油相場が急伸したことが材料視された。石油石炭が上昇率2位に。その他、証券、保険、銀行、海運、鉄鋼、機械、卸売、輸送用機器が堅調。半面、原油高デメリットセクターである空運が下落率トップ。ゴム製品、パルプ紙、水産農林、陸運、医薬品、食料品が小安い。業種名/現在値/前日比(%)1. 鉱業 / 340.13 / 9.502

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Tesla、全電気トレーラー、Semiを発表――ジャックナイフ事故を防ぐ新技術も
東芝、さらなる債務超過膨張リスク浮上...メモリ事業を失えば「東芝消滅」の可能性
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
古賀茂明が指摘する「実力の衰えた日本企業が好調を維持しているカラクリ」
MT車が予想以上のバカ売れ...ホンダ シビック 新型、受注の半数近くがMT車に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加