最新ランキングをチェックしよう
東証業種別ランキング:上昇率トップは鉱業、原油相場の急伸をうけて

東証業種別ランキング:上昇率トップは鉱業、原油相場の急伸をうけて

  • FISCO
  • 更新日:2016/12/01

株式会社フィスコ
本日1日は、鉱業が上昇率トップ。OPEC総会での減産合意を受けて原油相場が急伸したことが材料視された。石油石炭が上昇率2位に。その他、証券、保険、銀行、海運、鉄鋼、機械、卸売、輸送用機器が堅調。半面、原油高デメリットセクターである空運が下落率トップ。ゴム製品、パルプ紙、水産農林、陸運、医薬品、食料品が小安い。業種名/現在値/前日比(%)1. 鉱業 / 340.13 / 9.502

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
もはや富裕層の「節税対策」と化したふるさと納税
米国、バブル絶頂期に突入...来年一気に崩壊の懸念広がる
20代若者に人気、いま「250ccスーパースポーツバイク」が売れる理由とは
EVの最大の問題はバッテリーじゃない
ドン・キホーテ、銀行参入「視野には入っている」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加