阪神梅野が先制適時打「思い切って打ちにいった」

阪神梅野が先制適時打「思い切って打ちにいった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/10
No image

2回表阪神1死一、三塁、先制の左前適時打を放つ梅野(撮影・たえ見朱実)

<巨人5-2阪神>◇10日◇東京ドーム

阪神梅野隆太郎捕手(26)が先制タイムリーを放った。2回1死一、三塁から巨人内海のカットボールを叩きつけて三遊間を破った。

梅野は「先制のチャンスの打席でしたし、見逃せばボールだったかもしれませんが、思い切って打ちに行きました。ランナーを返すことができ先制することができて良かったです」と、コメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリックス宮内オーナー5連敗に激怒「策なさ過ぎ」
神戸国際大付・花村、聖地マウンドで輝き放った162センチ左腕
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
阪神・大山、トドメ3ラン含む5打点!金本監督「自信つけていい」
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加