現世はもういい、「徳」をためて来世に期待する新・人生ゲーム―auが開発

現世はもういい、「徳」をためて来世に期待する新・人生ゲーム―auが開発

  • インターネットコム
  • 更新日:2017/12/07
No image

動画・画像が表示されない時はこちら

KDDI(au)は、「徳」を貯めてより良い来世を目指す「au版人生ゲーム」を開始した。

2018年に登場から50周年を迎えるタカラトミーの「人生ゲーム」 と、KDDIの生活支援サービス「auライフデザイン」がコラボレーションを行った。

お金を貯めて億万長者を目指す通常版に対し、au版は「徳」を貯めて「より良い来世」をめざす。

遊び方はというと、ルーレットを回して出た数字の分だけコマを進める。止まったマスごとにさまざまなイベントが発生し、徳が増減。ゴールの際には徳に応じた来世の自分を見ることが可能だ。

スマートフォン、PCのどちらからでも専用サイトを開けばすぐ無料で始められる。auと契約していなくてもよい。ただしauのデジタル情報マガジン「TIME&SPACE」に会員登録していると限定の機能も楽しめる。TIME&SPACEでは独自グッズももらえる。

なお実際に試してみると、人によってはごくささいなできごとで理不尽なほど勢いよく徳が減り続け、悲惨な来世を迎える場合がある。

しかしルール上、ルーレットを回す以外の選択肢はないので、どれだけ絶望に満ちた状況でもただ進むしかなく、人生の意味をあらためて問いたくなるゲーム内容になる。

不条理な雰囲気を盛り上げているのは、ユーモアサイト「オモコロ」などで連載を持ち、Twitterなどでも人気の漫画家、小野ほりでい氏の脱力感あるイラストだ。繰り返し遊んでいると不意に軽い虚脱が訪れ、現世のしがらみや煩悩がどうでもよく思えてくるので、通勤時や通学時などのリラックスに向く。

動画・画像が表示されない時はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『サマーレッスン』年末キャンペーン実施中―追加コンテンツが最大40%OFF!
隣人系ステルスホラーゲーム『Hello Neighbor』遂に正式配信!Steamレビューでは「賛否両論」の声
夢野久作×ホノジロトヲジ、現代イラストレーターの自由な感性で名作がよみがえる「瓶詰地獄」発売
「ウイニングハンド」CBTプレイレポート!ポーカーよりも簡単なポーカー?手軽に遊べるカードバトルがイイネ
30日間集中レッスンで「描ける!」が実感できる「マンガデッサン練習ドリル[基本編]」発売

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加