がん手術の 宮本亜門氏「3歩進んで、2歩下がる 1歩ずつ進みたい」

がん手術の 宮本亜門氏「3歩進んで、2歩下がる 1歩ずつ進みたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/06/13

先月22日に前立腺がんの摘出手術を受けた演出家の宮本亜門氏(61)が12日、都内で開かれたオペラ「蝶々夫人」の製作発表会に出席した。

No image

オペラ「蝶々夫人」の制作発表に出席した演出の宮本亜門(左)と衣装を手がける高田賢三氏

今月1日に退院し「大丈夫です」と笑顔。まだ体力は戻りきっていないが、「3歩進んで、2歩下がる。1歩ずつ進みたい」と落ち着いて話した。「街を歩いてると“大丈夫ですか?”と言って、皆さん股間ばかり見てる」とジョークを飛ばすなど、気持ちは元気いっぱいだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NMB48 上西怜、週プレで18歳の悶絶バスト披露に称賛の声「出し惜しみ無しが素晴らしい」「これはもう写真集だすしかないな」
テレビから干されて老け込んだ!? りゅうちぇるの近影がヤバすぎて騒然「先祖の写真?魂抜けた?」
桝アナが新潟入り 中継タクシーの料金メーター「173930円」にネット驚き
「おめえ、何やってるんだよ!」徳光和夫のロケ番組‟暴言”にドン引き
結婚したらロス感がハンパない独身女優ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加