中村雀右衛門、五輪は生観戦できず...ドキドキが嫌

中村雀右衛門、五輪は生観戦できず...ドキドキが嫌

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/13
No image

東京・歌舞伎座「三月大歌舞伎」の四世中村雀右衛門七回忌追善狂言「男女道成寺」に出演する中村雀右衛門=東京・銀座

歌舞伎俳優・中村雀右衛門(62)が13日、「三月大歌舞伎」(東京・歌舞伎座)で上演される、父の4代目雀右衛門七回忌追善狂言「男女道成寺」への意気込みを語った。この日、雀右衛門は2012年に死去した父が愛した東京・銀座のうなぎ料理店「竹葉亭」で行われた取材会に出席。『道成寺』は先代から自宅で指導を受けていたことを明かしながら、「『父はこうだったな』とお客さまに感じていただけるよう務めたい。父から『少しは成長した』と思ってもらえることが一番の追善になる」と思いを口にした。

また、開催中の平昌五輪については「ドキドキしちゃう」という理由から、競技を生観戦しないという意外な一面を告白。12日に銅メダルに輝いたスキージャンプ女子ノーマルヒルの高梨沙羅選手も同様だったといい、「いい結果のものだけ(テレビで)見させてもらう。(失敗したら)僕が見てたからなのかなと思ってしまう。(フィギュアスケートの)着地のときのアッとかいうのが嫌」と苦笑しながら明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「震災義援金4億円」サンドウィッチマン・伊達の“心配な言動”とは?
眞子さまと婚約者の「結婚延期」に借金トラブル被害者が胸中告白
ドリカム中村 「ご挨拶」での不満の声受け謝罪「全ては私の至らなさ」
泰葉が自己破産、実家からは門前払い
篠崎愛、手ブラならぬ足ブラを披露!女性誌の袋とじ企画で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加