オリ『1軍vs2軍』ガチ紅白戦!福良監督、1軍負ければ「総取っ替え」

オリ『1軍vs2軍』ガチ紅白戦!福良監督、1軍負ければ「総取っ替え」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/15

オリックス春季キャンプ(14日、宮崎)前代未聞のガチンコ対決だ! オリックス・福良淳一監督(57)が14日、15日の紅白戦を『1軍vs2軍』で行うことを明かした。田口壮2軍監督(48)ら、2軍首脳陣の要望で実現。福良監督は仮に1軍が敗北した場合は「(1、2軍)総取っ替えですよ」と話した。

1軍にとっては負けたら赤っ恥。2軍にとってはこれ以上の下克上のチャンスはない。まさに意地とプライドのぶつかり合いだ。前代未聞の1軍vs2軍の紅白戦! 就任3年目の福良監督が、勝負に出る。田口2軍監督率いるファーム軍団とガチンコバトルに挑む。

「(15日の)紅白戦はファームの方と勝負します。向こうからお願いされたので。『1軍と2軍でやってください』と。負けたら全部(選手を)入れ替えましょうか。総取っ替えですよ」

笑みを浮かべたが、目の奥は笑っていない!? “掟破り”のマッチメーク。2軍からたたきつけられた挑戦状を、受けないわけにはいかなかった。

田口2軍監督は「こっちの選手をアピールしたいから」と意図を説明。新人らも送り込むつもりだが先発はプロ9年目、通算2勝の左腕・山田。「勝ちに行く」と力を込めた。一方の1軍も新助っ人のアルバースが登板予定など本気モード。中島や小谷野らベテラン勢は不出場だが、力の差を見せつけるつもりだ。

昨季4位など、3年連続Bクラス。優勝はブルーウェーブ時代の1996年までさかのぼる。今年こそ殻を破るべく、競争と危機感をあおる-。だからこそ、勝負にはとことんこだわる。

田口2軍監督から、腰の手術明けで2軍調整中の吉田正を「出していいですか?」と提案されると、福良監督は「正尚(吉田)が試合に出られるなら、1軍側でしょ」と容赦なく却下。すると田口2軍監督は「こっちには米村コーチらがいる。三塁ベンチから強烈なヤジを飛ばしますよ」と“口撃”を予告した。

1軍が負ければ「(監督やコーチも)総取っ替えですよ。コテンパンにやられたらどうしよう」と福良監督だが…。キャンプ中に「田口オリックス」を誕生させるわけにはいかない。「2・15」-。福良オリックスの絶対に負けられない紅白戦が、幕を開ける。 (西垣戸理大)

★球場間徒歩1分

オリックスは宮崎市清武総合運動公園で1、2軍とも春季キャンプを行っており(宿舎は別)、1軍はSOKKENスタジアム、2軍は清武第2野球場で汗を流している。同じ施設内のため、球場間の徒歩は1分ほどで、入れ替えは簡単。1、2軍が総入れ替えとなっても、まったく問題なし!?

No image

絶対に負けられない1軍は新助っ人のアルバースらが登板

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
住吉都さん死去 結城コーチ「悩んでいるというのは知っていた」
小平の謎のカラフル帽の正体判明...オランダ流の祝福
羽生善治竜王と藤井聡太六段の食事に「コンビニ飯」非難相次ぐ
メダリストになった高木美帆...8年前、札幌Dで笑った少女が遂げた変貌
小平奈緒の“つくりおき料理”がすごい!金メダルボディの秘訣
  • このエントリーをはてなブックマークに追加