指定した時間Macをスリープさせないアプリ「Lungo」

指定した時間Macをスリープさせないアプリ「Lungo」

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2017/08/11

Lungo」は指定した時間Macをスリープにさせないアプリです。普段は10分放置させるとスリープに入るようにしているとしましょう。プレゼンテーションをする際など、特定の場面においてもう少しスリープまでの間隔を伸ばしたいときに便利なアプリです。

No image

Screenshot: カメきち

Lungoをインストールして起動すると、このようにコーヒーカップのアイコンがメニューに並びます。アイコンをクリックすると、時間が表示され、その時間はMacをスリープにさせないようにできます。Macのスリープ時間を一時的に伸ばしたいときにぜひご活用ください。

Image:Lungo

Source:Lungo,iTunes

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スマートフォンの一番安全なロック方法は「PINコード」です
「Firefox 55」正式版がリリース、WebVRに対応しパフォーマンスも劇的に向上
『Y2K』のメーカーがまたやった!ガスタービンエンジン搭載バイクの新モデル『MTT 420RR』登場
Amazonセール速報:今日限定! LGの23.8型フルHDモニターがなんと1万980円!
インテルの主力SSD「SSD 545s」の販売が始まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加