『アナと雪の女王2』またも1位!『ラストレター』4位スタート!【映画週末興行成績】

『アナと雪の女王2』またも1位!『ラストレター』4位スタート!【映画週末興行成績】

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/01/20
No image

『アナと雪の女王2』強い - (C) 2019 Disney. All Rights Reserved.

土日2日間(1月18日~1月19日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、公開9週目の映画『アナと雪の女王2』が1位に輝いた。

トップスリーは先週と変わらず、2位は『カイジ ファイナルゲーム』、3位は『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。新作では『Love Letter』『リリイ・シュシュのすべて』などの岩井俊二監督の映画『ラストレター』が4位に入った。松たか子広瀬すず神木隆之介福山雅治らが共演した、結婚して家庭を築いているヒロインが初恋の相手と再会したことから始まるラブストーリーだ。

ほか新作では織守きょうやの小説をHey! Say! JUMP山田涼介主演で映画化し、恋人が自分に関わる記憶だけを失ってしまった青年の姿を描く『記憶屋 あなたを忘れない』が6位。アトランタオリンピックで起こった爆破テロを題材にしたクリント・イーストウッド監督の『リチャード・ジュエル』が8位に。

つくしあきひとのコミックが原作となり、R15指定作品になったことも注目された『劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明』が9位、『ストライクウィッチーズ』『ガールズ&パンツァー』シリーズなどに携ってきた鈴木貴昭が原案の『劇場版 ハイスクール・フリート』が10位で、新作アニメーションも健闘した。第92回アカデミー賞の作品賞にノミネートされている『ジョジョ・ラビット』は11位スタートだった。

今週は『シグナル100』『キャッツ』『サヨナラまでの30分』『ロマンスドール』『無垢なる証人』などが公開される。(ランキング・数字などは興行通信社調べ)(編集部・海江田宗)

【2020年1月18日~1月19日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(1)『アナと雪の女王2』:9週目
2(2)『カイジ ファイナルゲーム』:2週目
3(3)『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』:5週目
4(初)『ラストレター』:1週目
5(5)『パラサイト 半地下の家族』:2週目
6(初)『記憶屋 あなたを忘れない』1週目
7(4)『フォードvsフェラーリ』:2週目
8(初)『リチャード・ジュエル』:1週目
9(初)『劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明』:1週目
10(初)『劇場版 ハイスクール・フリート』:1週目

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『パラサイト』は「富裕層vs.貧困層」の映画ではなかった
2010年代とは何だったのか? 日本からではわからない世界の激変
2月17日の注目映画第1位は『1917 命をかけた伝令』
表紙は映画『影裏』主演・綾野剛! 岩手県と『ダ・ヴィンチ』がコラボした『いわてダ・ヴィンチ』が刊行!
「ロングデイズ・ジャーニー」著名人の鑑賞コメント到着、椎名林檎は「えっちです」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加