羽生結弦選手ほか第2幕全演技を紹介!「ファンタジー・オン・アイス」千葉・幕張公演リポート第3弾

羽生結弦選手ほか第2幕全演技を紹介!「ファンタジー・オン・アイス」千葉・幕張公演リポート第3弾

  • TVガイド
  • 更新日:2018/06/09
No image

6月15~17日に兵庫・神戸公演が行われる「ファンタジー・オン・アイス 2018」。今回は、5月25~27日に行われた「ファンタジー・オン・アイス 2018」の千葉・幕張公演の第2幕より、全出演者のソロ演技の模様をご紹介します。

No image
No image

第2幕の幕開けを飾ったのは、エラジ・バルデさんとアンサンブルスケーターたち。ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』の『This Is Me』に乗せ、息の合ったスケーティングを見せました。

No image
No image

黒いハットにホットパンツというクールな衣装で登場した安藤美姫さんは、新プログラム『Feel It Still』を公開。セクシーかつパワフルな演技で、観客を魅了しました。

No image
No image

ジェフリー・バトルさんの演目は、ミュージカル『DEAR EVAN HANSEN』より『For Forever』。切なく美しい旋律を、卓越したスケーティングで見事に表現しました。

No image
No image

織田信成さんはCHEMISTRYとのコラボレートプログラム『ユメノツヅキ』。織田さん自身が振り付けをした力作で、爽快なメロディーと織田さんの軽やかなスケートがぴったりとハマります。

No image
No image

続く、アイスダンスカップルのアンナ・カッペリーニさん&ルカ・ラノッテさんもCHEMISTRYとコラボ! バラード『My Gift to You』に乗せた情感あふれる演技は、まるで上質な恋愛映画を見ているかのよう!

No image
No image

アーティスティックなグリーンの衣装で登場したジョニー・ウィアーさんの演目は、人気の『ビヨンセ・メドレー』。唯一無二の世界を見せてくれたウィアーさんに、惜しみない拍手と歓声が送られました。

No image
No image

鈴木明子さんは、“風を操る風神の踊り子”をイメージしたという新プログラム『風の神の歌』をお披露目。鈴木さんが美しくライトアップされたリンクを軽やかに舞い、会場は神秘的な空気に包まれました。

No image

ハビエル・フェルナンデス選手が滑ったのは、平昌冬季オリンピックのフリー『ラ・マンチャの男』。力強さと柔らかさを併せ持つフェルナンデス選手の演技に、オリンピックの感動がよみがえります!

No image

エフゲニア・メドベージェワ選手はMay J.さんとのコラボレートナンバーで、ミュージカル『キャッツ』の『Memory』。May J.さんの圧巻の歌声と、メドベージェワ選手の伸びやかなスケーティングが極上のハーモニーを奏でました。

No image
No image

CHEMISTRY『You Go Your Way』とコラボレートした、ミーシャ・ジーさん。ダンサブルな第1幕の演技とは一転、切ないバラードに乗せた美しい演技が、観客の胸を打ちました。

No image

続いて登場したのは、エアリアル(空中演技)のアレクサンダー・チェスナさん&エカテリーナ・チェスナさん。空中を自在に飛び回る、手に汗握るパフォーマンスに、客席から悲鳴も!

No image
No image

ステファン・ランビエールさんは、マイケル・ジャクソンをイメージしたという衣装で『Slave To The Music』をパフォーマンス。切れのあるステップ、バリエーション豊かなスピンなど、見どころ満載の名プログラムです。

No image

カロリーナ・コストナーさんの2曲目は、エイミー・ワインハウスの『Back To Black』。艶っぽい色気あふれる演技で、観客の目をくぎ付けにしました。

No image

エフゲニー・プルシェンコさんが演じたのは、伝説のプログラム『Tribute To Nijinsky』のショー・バージョン。美しいバレエのポジショニング、華麗なステップは、まさに圧巻のひと言です!

No image
No image

May J.さんと宮本笑里さんとのコラボでおくる、テッサ・バーチュー選手&スコット・モイヤー選手の『I Dreamed a Dream』。ミュージカル『レ・ミゼラブル』の名曲を、世界最高峰の美しい技の数々で表現しました。

No image

そして大トリは、羽生結弦選手の『Wings of Words』。羽生選手が「小さい頃から聞いていた思い入れのある曲」と選曲したナンバーで、コラボレートしたCHEMISTRYさんは「羽生選手のスケートを見ていると、(自分たちの)歌もすごく伸びやかになった」と感想を語りました。

No image
No image

フィナーレは、『Let It Go』と『星に願いを』のメドレー。王子様のような衣装に身を包んだ男性スケーターたちと、美しいドレス姿の女性スケーターたちが、笑顔でリンクを滑走。豪華なショーにふさわしい、華やかな幕引きとなりました。

6月8日発売の「KISS&CRY 2017‐2018シーズン総括&2018-2019シーズン展望号~Road to GOLD!!!/表紙&巻頭特集:羽生結弦選手」では、本公演の羽生選手を美麗グラビアで速報リポート! さらに、「羽生結弦選手『2連覇おめでとう』パレード」、アイスショー「Continues~with Wings~」、平昌冬季オリンピックプレーバックなど、羽生選手の活躍を大特集! こちらも、ぜひチェックしてください!!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生 五輪以来89日ぶりジャンプ、順調回復「痛み感じない」
羽生結弦選手70ページ超の特集が大反響!「KISS & CRY」増刷決定!!
羽生ゆずれないで完全再現!羽生結弦選手の愛用品をチェックしてみた
羽生 新シーズンのプログラムPもフリーも「曲は決まっています」と明かす
羽生結弦、全日本選手権にシード出場 12・20~24大阪開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加