ナショナルズのハーパー、バット折られながらも本塁打

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/04/17

<メッツ6−8ナショナルズ>◇16日(日本時間17日)◇シティフィールド

ナショナルズのブライス・ハーパー外野手が1回表、バットをへし折られたものの、右中間にメジャートップの8号ホームラン。圧倒的なパワーを見せつけた。

ナショナルズは5点を追う8回、ハーパーの2点タイムリーなどで一挙6得点を挙げて逆転した。

ハーパーは4打数2安打、3打点の活躍だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【謎のデータ】プロ野球選手の名前で最も使われている漢字は「大」? 「輔」? 最も多い名字は?
「イチロー様が(米の)教科書に載ってた~」
ホークス退団の川崎宗則 記憶にも記録にも残るプロ18年間の歴史
【MLB】メッツ25歳右腕が見せた“魔球”が話題に「ぞっとする...」「フェアじゃない」
110マイル(177km/h)の速球が不可能な理由など野球の魅力「速球」を科学的に検証する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加