Antec、遮音性と拡張性に優れたE-ATX対応ミドルタワーケース

Antec、遮音性と拡張性に優れたE-ATX対応ミドルタワーケース

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/12/09
No image

リンクスインターナショナルは12月7日、Antec製のミドルタワー型PCケース「Antec Performance Series P101 Silent」を発表した。12月22日に発売する。店頭予想価格は12,980円(税込)。

遮音性を高めるフロントドアを採用するPCケース。二層構造の遮音パネルをフロントドアの内側、左右サイドパネルとケーストップに採用し、内側の吸音材で発生するノイズを吸収。ケース内部へのエアフローは、サイドにスリットを設けて確保する。

標準で前面に120mmファン×3基、背面に140mmファン×1基を搭載。備え付けのファンコントローラによって、LOW・STOP・HIGHのいずれかでファンの回転数を制御できる。搭載可能ファン数は、前面に140mm×2基(120mm×3基)、背面に140mm×1基、120mm×1基となっている。水冷用ラジエターは前面に最大360mmクラスを、背面に最大140mmクラスを装着できる。

搭載ベイ数は、外部5.25インチベイ×1基、内部3.5/2.5インチベイ×8基、内部2.5インチ専用ベイ×2基。内部3.5/2.5インチシャドウベイはドライブケージごと取り外し可能で、内部2.5インチ専用ベイもマウントごと取り外せる。前面と電源ユニット部には、取り外して水洗いできるダストフィルタも装備。

そのほか主な仕様は、拡張スロット数が8基、搭載グラフィックスカードの長さが最大450mmまで、搭載CPUクーラーの高さが最大180mmまで、搭載電源の奥行きが最大290mmまで。外部インタフェース類はUSB 3.0×2基、USB 2.0×2基、オーディオ入出力、ファンコントローラ。本体サイズはW232×D527×H506mm、重さ量は約11.8kg。対応フォームファクタはE-ATX、ATX、マイクロATX、Mini-ITX。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
障害物や人を回避しながら水中撮影できる世界初の自律型水中ドローン「iBubble」
PayPay、セキュリティコード入力に上限設定、情報流出はしていない
ケンコバさんら海外の安全情報サイトの登録呼びかけ
10GB RAM搭載したOnePlus 6Tのマクラーレン・エディション登場
1インチの立方体に充電ケーブル、保存用メモリ、スマホ用スタンド、LEDライトなどを装備したマルチアイテム「WonderCube Pro」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加