最新ランキングをチェックしよう
胸にタトゥーを入れた16歳が感染症で車椅子生活に お腹の子も流産(コロンビア)

胸にタトゥーを入れた16歳が感染症で車椅子生活に お腹の子も流産(コロンビア)

  • Techinsight
  • 更新日:2018/10/05

タトゥーやピアス、美容整形については感染症のリスクが常にあり、それが原因で取り返しのつかない事態に陥ることも少なくはない。このほどコロンビアに住む女性が、妊娠中にタトゥーを施術したことから感染症にかかり、悲劇を招く結果となってしまった。『The Sun』『Metro』などが伝えている。
コロンビア中部カサナレ県に住むルイーザ・フェルナンダさん(16歳)は妊娠中だった1年前、右胸にタトゥーを彫り入れ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
好感度が爆下がり!TOKIO城島、会員制バーで放っていた“迷言”に悲鳴
「即位の礼」が中国でもトレンド入り! 注目はやっぱり佳子さま「美しすぎて恐怖を覚える」
日本で暮らしているうちに「祖国への気持ちが変わってきた」=中国メディア
有吉弘行の“激ヤセ”写真に心配の声続出! 意外過ぎる真相とは...
道端アンジェリカ書類送検で、恨みを持った同業モデルからヤバイ暴露話が続出しそうな雲行き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加