最新ランキングをチェックしよう
胸にタトゥーを入れた16歳が感染症で車椅子生活に お腹の子も流産(コロンビア)

胸にタトゥーを入れた16歳が感染症で車椅子生活に お腹の子も流産(コロンビア)

  • Techinsight
  • 更新日:2018/10/05

タトゥーやピアス、美容整形については感染症のリスクが常にあり、それが原因で取り返しのつかない事態に陥ることも少なくはない。このほどコロンビアに住む女性が、妊娠中にタトゥーを施術したことから感染症にかかり、悲劇を招く結果となってしまった。『The Sun』『Metro』などが伝えている。
コロンビア中部カサナレ県に住むルイーザ・フェルナンダさん(16歳)は妊娠中だった1年前、右胸にタトゥーを彫り入れ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
いきなり!ステーキ「お客様のご来店が減少しております」 社長直筆の「お願い」全店掲出へ
神田沙也加 不満があった「夫の収入面」と村田充の母が離婚について語ったこと
エロスタグラマー森咲智美、東野幸治も夢中のGカップグラマラスボディにうっとり
アンタッチャブル、一新した宣材写真にファン感動 「ほんと素敵...」
文在寅の支持者は怒っている...韓国がアメリカの態度を見誤ったワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加