原口元気の受け入れ先を待つヘルタだが、残留についても「扉は開けている」と首脳陣

原口元気の受け入れ先を待つヘルタだが、残留についても「扉は開けている」と首脳陣

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/01/12
No image

ドイツの移籍市場のデッドラインは1月31日18時(日本時間2月1日2時)。その時点で、原口は新たなユニホームを身に纏っているか。あるいは……。 (C) Getty Images

今シーズン、ヘルタ・ベルリンで出場機会を失い、今冬での移籍が確実視されている原口元気だが、現時点でまだ新天地の候補として、具体的な名前は出てきていない。

シーズン前、ヘルタが契約延長を提示したのを拒否し、プレミアリーグ行きを望んだことで、パル・ダルダイ監督の構想から外れ、残留となってからは公式戦11試合出場(先発3試合)に止まっている原口について、ミヒャエル・プレーツSDも「全ては彼自身が招いたもの」と厳しく語っていた。

プレーツSDは、今冬の移籍市場において原口の移籍を容認する発言をしており、また本人も「(ロシア・)ワールドカップ出場のために(去就を)決断したい」と語ったことで、シーズン中でのヘルタ退団の可能性は非常に高いと見られている。

ヘルタでは、原口とともに放出候補に挙げられていたMFヴァレンティン・シュトッカーのスイス・バーゼル行きが確定。いよいよ、クラブにとっては原口の件を片付けるのみとなったが、プレーツSDは移籍ありきではなく、まだ別の選択肢も残されていると地元紙『ベルリナー・クーリエ』に語っている。

「(移籍市場が閉まる)1月末までは、まだ時間がある。我々は、あらゆる交渉に応じるつもりだ。もちろん、彼にもまだ時間があり、ヘルタに残りたいと強く望むというなら、その可能性がないわけではない。扉は開けている」

原口とヘルタの契約は今年6月までとなっているが、果たして両者はどのような着地点を見出すのか。その動向から目が離せない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
低迷続きのイングランド、鬼門ベスト8突破に挑む。失望の歴史に終止符を【ロシアW杯全32チーム紹介】
大金を稼いだのに破産...米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚
メッシ、“宇宙クラス”の圧巻FKに地元紙脱帽 「成層圏を破壊し、世界を驚嘆させた」
不振レアルの「チーム得点王」はわずか4点... “ブービー賞”の屈辱に贔屓紙も嘆き節
ロナルド古巣マンU復帰熱望か、仲間に退団伝えた?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加