果実分たっぷり!クロアチア・ディダボーザ社のイチジクジャム

果実分たっぷり!クロアチア・ディダボーザ社のイチジクジャム

  • ippin
  • 更新日:2016/10/20
No image

By各国・郷土料理研究家 青木ゆり子

濃厚で自然な甘み

日本セルビア協会の視察団の一員としてセルビアと、クロアチアに行ってきました。バルカン半島にある両国は、1918年から1990年代まで南スラブ系民族を主体としたユーゴスラビアというひとつの国でしたが、同じキリスト教徒でも、ロシアとのつながりが強く、正教会の信者が多いセルビアと、文化的にイタリアやオーストリアに近く、カトリック信者の多いクロアチアでは、人の気質も違うことを実感してきました。

しかしながら食べ物に関しては、ユーゴ時代に影響し合ったためか、今でも両国で似通ったところがあるようです。市場で売られている食材を見れば一目瞭然で、この秋の時期は、どちらの国でもアイバルというバルカンの調味料を作るパプリカや、漬物(ザワークラウト)を作るキャベツが山積みされていました。

市場の定番商品としては、乾燥イチジクも一般的です。イチジクのことをセルビア語、クロアチア語とも「スモクヴァ」というのですが、乾燥させたこのスモクヴァが、やわらかく、瑞々しくてとてもおいしいのです。日本で手に入るものでは、ギリシャ産に近い感じだと思います。不老長寿の果物などとも呼ばれるイチジクが、1年を通して、こんなに身近で安く売られているのがうらやましい限りでした。

さて、セルビアやクロアチア産の乾燥イチジクは、海外に輸出するほど大量生産されていないのか、残念ながら今は日本では手に入れにくいようですが、ジャムなどの加工品なら購入が可能。中でもオーガニック製品としてヨーロッパやアメリカでも評価されている、クロアチアのディダボーザ社のイチジクジャムは、果実分が80%近く含まれたフルーティーな一品です。

このジャムは、生ではなく乾燥イチジクから作られており、濃厚で自然な甘みを味わえることが特徴的。パンに塗っても、ヨーグルトなどにかけてもおいしくいただけます。バルカン半島のイチジクのおいしさを少しでも知っていただけたら幸いです。

No image

ディダボーザ イチジクジャム

販売元:アドリアの真珠

各国・郷土料理研究家 青木ゆり子青木ゆり子の記事をもっと読む!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
《食べれるのはいまだけ!》チキンマックナゲットの"NEWソース"が美味しすぎっ♡!
リピートしちゃう本格派チョコレート♡明治のbean to bar!
「パパのお弁当はせかいいち。」 娘のために父が作り続けたお弁当
福大生の腹を満たす! 名物食堂&ラーメン店
コンビニスイーツなのにフォトジェニックすぎ♡ 『ファミリーマート』の新ブランド「JewelrySweets」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加