「final」から、ポップス/ロックを基準にチューニングしたイヤホン「E1000C」

「final」から、ポップス/ロックを基準にチューニングしたイヤホン「E1000C」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2019/08/24

イヤホンなど音響機器を手がけるS'NEXT(エスネクスト、神奈川県川崎市)は、「final」ブランドから、イヤホン「E1000C」を2019年8月30日に発売する。

No image

マイク付きリモコン装備、再生操作やハンズフリー通話も

音響工学および心理学に基づき音質設計を行ったという。ポップスやロックなどの音楽ジャンルを基準にサウンドチューニングを施し、低音から高音までクリアでバランスが良く、ライブで生演奏を聴いているような臨場感を実現したという。

6.4ミリ径のダイナミック型ドライバーユニットを内蔵。マイク付きのワンボタン・コントローラーを備え、スマートフォンなどと接続すれば、手元で再生/停止の操作やハンズフリー通話、チャットなどが可能だ。

左右で軸色が違うイヤーピースは、耳道の傾きにフィットする「スウィングフィット機構」を備える。SS/S/M/L/LLの5サイズが付属。断線を防止する柔軟で太めのケーブルを採用した。

カラーはBLUE、RED、BLACKの3色。

市場想定価格は2980円(税込)。<J-CASTトレンド>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「令和のゼロ戦」は不可能? 純国産戦闘機を作りたくても作れない日本
知っておきたい「キャッシュレス・ポイント還元制度」専門家が解説!
PayPay、10月5日に20%還元される1周年記念キャンペーン
【日韓経済戦争】断末魔の韓国経済、日本から「第二の独立運動」の掛け声も統計は最悪続々
「はんこ文化」を守る人にIT大臣は無理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加