昨夏準V北海が敗退「力不足でした」多間涙の2被弾

昨夏準V北海が敗退「力不足でした」多間涙の2被弾

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

北海対神戸国際大付 7回裏神戸国際大付1死一、三塁、谷口に逆転3点本塁打を打たれる北海・多間投手(撮影・清水貴仁)

<全国高校野球選手権:神戸国際大付5-4北海>◇12日◇2回戦

昨夏準優勝の北海が、逆転負けで初戦敗退した。

2回1死二塁から6番井上雄喜左翼手(3年)の中前適時打で先制も、6回に2番手で登板したエース多間隼介(3年)が神戸国際大の6番谷口嘉紀中堅手にソロ本塁打を浴びて2-2の同点。7回表に2点を勝ち越すも、その裏1死一、三塁から再び谷口に2打席連発となる右越え逆転3ランを浴び力尽きた。

多間は「僕のせいで負けた。でも力不足でした。まだ野球は続けるので、さらに成長できるようにしたい」と涙を流した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
明徳義塾・馬淵監督、50勝で選手に焼き肉!西浦「自分のバットで」
元KAT―TUN田中聖 甲子園で弟・彗に声援「頑張れー」
聖光・小泉 いとこの瀬川と一緒に甲子園出場するため東京から留学
聖心ウルスラ 聖光学院との“同宿聖戦”順延...続くピリピリムード
「終戦」のサイレンが鳴った日――甲子園球場初の黙とう試合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加