坂本冬美「恩返しできた」恩師猪俣氏へ思い込め歌う

坂本冬美「恩返しできた」恩師猪俣氏へ思い込め歌う

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

地元関西で、恩師をしのぶコンサートを開いた坂本冬美(撮影・村上久美子)

通算28回目のNHK紅白歌合戦出場が決まった演歌歌手、坂本冬美(49)は1日、大阪・梅田芸術劇場で、コンサート「恩師 猪俣公章氏を謳う」を開き、猪俣氏作曲のデビュー曲「あばれ太鼓」などを歌った。

客席からは「紅白おめでとう!」の声も飛び「年々、演歌勢が厳しくなって、でも私個人的には、今年は30周年なので、何とか出たいと思っていました。ちょっと、猪俣先生にも恩返しできたかな」と、安心したように笑った。

一方で、今年の紅白報道をめぐり「世代交代」の文字を目にし「切なくなりますよね。複雑な心境です」とも口にした。

30周年の今年、ツアーも開いてきたが、この日の地元関西での公演は、猪俣氏に捧ぐ特別編成。森進一の「港町ブルース」、五木ひろしの「千曲川」、都はるみの「おんなの海峡」など、猪俣氏が手がけた先輩の楽曲も熱唱。猪俣氏への思い出には「明るくて、でも、1人になるともの静かで、二面性をお持ちやった」と振り返った。

恩師への思いを込めたステージ、客席のファンも歌声に魅了された。それゆえ「いつもは、あばれ太鼓で始まったら、とくに関西のお客さまは爆発するんですけど、今日はちょっと雰囲気が違いましたね」と感じたという。

しんみりムードが漂い「ちょっと失敗したな」と苦笑。それでも、元気が魅力の坂本らしく、ステージを右へ左へダッシュ。先輩・都はるみのお株を奪うような走りっぷりを見せ「ちょっと(都)はるみさんを意識しました。はるみさんは今、休業中なので、私が!」と笑っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マイクの存在を忘れて「中に出してないよね?」 人気生主が生配信中にSEXして“丸刈り謝罪”
成宮寛貴、芸能界引退...ダウンタウン松本の「下手したら廃刊」発言が批判の矛先に
成宮寛貴が電撃引退「消えてなくなりたい」全文コメ
成宮引退にミッツ「誰か彼のそばにいてあげて」と注意喚起
【週刊誌への挑戦】フライデーを潰すために全力で『圧力』をかけてみた

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加