お値段1億円!純金約4.8kgと純プラチナ約5.2kgで作られたスター・ウォーズカレンダー

お値段1億円!純金約4.8kgと純プラチナ約5.2kgで作られたスター・ウォーズカレンダー

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/08

貴金属の老舗GINZA TANAKA(田中貴金属ジュエリー)では、、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15 日全国一斉公開)をモチーフに、純金と純プラチナで製作したビッグカレンダー『スター・ウォーズ/最後のジェダイ 純金・純プラチナ ビッグカレンダー2018』を制作。税込価格1億円で発売を開始した。

GINZA TANAKA では、2005年末以来、毎年純金や純プラチナでビッグカレンダーを製作・販売している。今回発売する『スター・ウォーズ/最後のジェダイ 純金・純プラチナ ビッグカレンダー2018』は、純金約4.8kgと純プラチナ約5.2kgの計約10kgを使用して製作された。歴代のビッグカレンダーの中でも、純金と純プラチナを同時に使用したビッグカレンダーの製作は初めての試みとなる。ちなみに純金・純プラチナの本体部分は約100×約50cmという、まさにビッグなサイズ感となっている。

No image

“ダークサイド”のファースト・オーダー(右)は純金で、“ライトサイド”のレジスタンス(左)は純プラチナで表現。2つの貴金属をアクリル内でセットしている

カレンダーの表面には2018年の暦を、裏面には『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場する12のキャラクターをデザイン。「フォース」の“ダークサイド(暗黒面)”は純金上に、“ライトサイド(光明面)”は純プラチナ上に分け、それぞれの素材で「スター・ウォーズ」の世界観を表現した。
“ダークサイド”には、上から順にカイロ・レン、キャプテン・ファズマ、ファースト・オーダーストームトルーパー、ファースト・オーダー ストームトルーパー・エクセキューショナー(新作映画で初登場)、エリート・プレトリアン・ガード(新作映画で初登場)、スノークが描かれ、対する“ライトサイド”には、上から順にレイ、フィン、BB-8、チューバッカ、ポー・ダメロン、ルーク・スカイウォーカーが描かれている。

No image

暦面には純金上に1~6月の暦とレジスタンスのシンボルマーク、純プラチナ上に7~12月の暦とファースト・オーダーのシンボルマークをあしらったほか、5月4日の「スター・ウォーズの日」にもレジスタンスのシンボルマークを施した。アクリルフレームは銀河をイメージしたデザインで、上部に配された新作映画の特徴的な赤いロゴも印象的だ。

関連情報

http://www.ginzatanaka.co.jp

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
己の拳をデコピンするだけで、ここまで音楽を奏でられるという事実
中井貴一、坂田師匠の「結婚したい」を全面バックアップ!?
主役は山田涼介じゃなくてディーン・フジオカ!? 映画『鋼の錬金術師』ジャニーズファンに残ったモヤモヤ感......
12月17日の注目映画第1位は『DESTINY 鎌倉ものがたり』
m-flo、15年ぶりに3人で活動再開。映画『去年の冬、きみと別れ』主題歌に決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加