下関国際完敗 エースの植野「力弱さが目立った」

下関国際完敗 エースの植野「力弱さが目立った」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

三本松対下関国際 三本松に敗れ、応援席にあいさつ後、涙を流しながらベンチに戻る下関国際ナイン(撮影・前田充)

<全国高校野球選手権:三本松9-4下関国際>◇13日◇2回戦

初出場の下関国際(山口)は4-9で三本松(香川)に敗れた。

113球完投の先発、植野翔仁主将(3年)が本塁打など12安打を浴び9失点(自責7)の乱調だった。立ち上がりからコースを丁寧に突いたが、要所で甘く入り痛打された。初勝利はならず「下関国際の野球はできたと思うが、自分の力弱さが目立った」と泣きじゃくった。

それでもエースで主将の意地は見せた。5回1死一、三塁で左前打し甲子園でのチーム初得点を演出するなど4打数2安打1打点と気を吐いた。完敗だったが2年生主体の若いチームだけに「甲子園で負けないチームになって、また戻ってきてほしい」とエールを送った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
聖光・小泉 いとこの瀬川と一緒に甲子園出場するため東京から留学
亡き従兄弟との約束果たした甲子園 聖心ウルスラ学園三塁コーチ・浜内
日本航空石川、CA目指す大見謝マネジャー「負ける気しなかった」
“死の第4日”突破組に仙台育英と日本文理が加わる大激戦の一日...夏の甲子園・9日目の予定
聖心ウルスラ・請関「最後の打席で」亡き父に感謝弾
  • このエントリーをはてなブックマークに追加