マフレズ騒動でマンCに不信感のレスター指揮官「私はこの状況に苦しまない」

マフレズ騒動でマンCに不信感のレスター指揮官「私はこの状況に苦しまない」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/02/15
No image

マンチェスター・シティ戦で復帰したMFリヤド・マフレズ【写真:Getty Images】

レスターを率いるクロード・ピュエル監督は、MFリヤド・マフレズの騒動がマンチェスター・シティによって引き起こされたものだと考えている。同指揮官のコメントを、英紙『デイリー・メール』が伝えた。

マフレズは移籍市場の最終日にシティ行きの話が出た。しかし、シティが6500万ポンド(約97億円)でオファーしたのに対し、レスターは8000万ポンド(約120億円)以上を要求。取引はまとまらなかった。

移籍市場のたびにステップアップを検討していたマフレズは、この移籍がまとまらなかったことに失望したようで、しばらく練習を欠席して姿を消していた。それでも9日に練習に復帰すると、翌10日のシティ戦に途中出場している。

ピュエル監督によると、「我々はほかのクラブから話を受けていた。そこに移籍市場が残り1、2日になって出てくるのは普通のことなのだろうか」と、シティの姿勢に疑問を呈した。

マフレズの練習欠席は問題にしていないようで、「私はこの状況に苦しむことができない。これはほかのクラブが我々に対してしたことなんだからね。大切なのは、クラブ、ファン、選手が団結を維持することだ」と語り、この騒動でレスターが平常心を失わないことが重要であることを強調した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
銅メダリスト禁止薬物使用か ロシア個人資格選手
香川真司不在のドルトムントが公式戦4連勝。監督交代から無敗を維持
井手口陽介、スペイン初先発も前半のみで交代...。代わったの選手が結果を残す
“悪魔の左足”を持つR・カルロス、「残忍FK」の反響拡大 「人々はまだ恐怖している」
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加