智弁学園、圧勝で3年連続V「力が付いてきた」監督

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12

<高校野球秋季近畿地区大会奈良県予選:智弁学園17-4高田商>◇決勝◇佐藤薬品スタジアム

智弁学園が高田商に17-4で圧勝し、3年連続17回目の優勝を決めた。先発の伊原陵人(たかと)投手(2年)が初回に2ランなどで3点を奪われたが、その後は立て直して完投した。2-3で迎えた4回1死には右翼へ同点のソロ本塁打を放ち「自分が打って乗れました」と自らリズムを作った。

小坂将商監督(40)は「同点になって気持ちの余裕が出来た。(ここまでの)5試合は先に点を取っていたので、追いかける立場でやって、力が付いてきたかなと思います」と勝利を振り返った。今のチームは小坂監督に「史上最弱や」と言われ、8月中旬から朝5時半からの早朝練習を行ってきた。力を付けて、3年連続のセンバツ出場を目指す。

3位決定戦では今夏の甲子園で4強の天理が、法隆寺国際に7-13で敗れ、来春のセンバツ出場が絶望的となった。21日から行われる近畿大会には智弁学園、高田商、統合して現校名になって初となる法隆寺国際の3校が出場する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【野球】元スーパー中学生の日本代表2人に注目 秋季大阪大会8強入りの原動力に
英明が香川大会制す 大手前高松に逆転勝ち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加