上地雄輔、ほぼ2人分のせりふを全う「どんな長ぜりふも怖くない」

上地雄輔、ほぼ2人分のせりふを全う「どんな長ぜりふも怖くない」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2018/07/10
No image

上地雄輔 (C)ORICON NewS inc.

歌手で俳優の吉川晃司と上地雄輔が9日、都内でWOWOW『連続ドラマW 黒書院の六兵衛』(22日スタート、毎週日曜 後10:00、全6話※第1話無料放送)の完成披露試写会で舞台あいさつを行った。劇中では、一切口を利かぬまま江戸城内に居座り続ける将軍直属の御書院番士・的矢六兵衛を演じた吉川に対し、2人分のせりふを担った上地は「どんな長ぜりふも怖くなくなりました」と、成長した点をアピール。しかし、この日はその逆で、吉川がジョークを織り交ぜしゃべりまくり、上地をイジってタジタジにさせていた。

【イベント写真】笑顔で手を振る吉川&上地

浅田次郎氏による日本経済新聞連載の時代小説が原作。江戸城不戦開城の史実をベースに、自らの信義を通そうとする謎の御書院番士(吉川)と、官軍側に付いた尾張藩から遣わされ、六兵衛排除の任を追ってしまった名もなき下級武士・加倉井隼人(上地)との交情を、熱く描く。

壇上で上地が吉川について「本当はすごいおしゃべりなんですよ」と言えば、「バラすなよ。イメージとかあるでしょう? なんてことしてくれるの?」と三倍返しをくらい、上地が「失礼しました」と謝る場面も。

司会者に共演歴を聞かれ、「今回の共演からはじまって、これが最後です」(吉川)、「いや、いや、違うでしょう。漫才しに来たんじゃないんだから。NHKのドラマでご一緒させていただいて、絡むシーンもあったんですが、今回はもっとどっぷり2人で一緒にいました」(上地)。そんなやり取りが何度も見られた。

吉川「上地くんはせりふが2人分、落語家さんか、一人禅問答みたいで大変だったと思います。(撮影中は)また間違えた、また帰るのが遅くなる、外に飯食いにいけなかったって思っていました」

上地「そんな風に思っていたんですか!? 僕は、吉川さんの背中に向かって多くのせりふを言っていたのですが、吉川さんの背中の芝居から何かを感じて、気持ちを作っていました。僕のせりふのシーンが終わると、後ろを向いたままスッと親指を立てるジェスチャーをしてくれて、うなずいてくれた。それを励みにやっていたんですが」

吉川「きょうは早く帰れるって(親指を立てた)」

上地「マジで? 勘違いしていました。聞きたくなかったな。俺の芝居が良かったのかと思っていました」

吉川「まあ、まあ、頑張りました。六兵衛は話さない分、所作や立ち居振る舞いで見せていかないといけなかったので、体幹と筋肉トレーニングがかかせなかった。それと、流鏑馬(やぶさめ)。僕は筋力勝負、彼(上地)は脳みそ勝負」

ちなみに吉川は、このドラマのために、撮影中も小笠原流礼法を習い、流鏑馬のけいこに励んでいたそう。吉川は「流鏑馬のシーンがうまくできたので、よかったと思っています。俺、自分でやるって言っちゃったから。でも、流鏑馬のシーンで代役を立てるくらいなら、最初から役そのものを引き受けない。そのどっちしかない」と、キッパリ。

2人とも音楽活動をしているところや、吉川は学生時代に水球の選手として活躍、上地も野球の名門・横浜高校で松坂大輔選手とバッテリーを組んでいたアスリート出身という共通点がある。「お互い多くを語らずとも、テンポ感、リズム感が合う。勝手に馬が合うと思っていた」と吉川が上地をほめたタイミングで「流鏑馬の話のあとだから、馬が合うって、オヤジギャグに聞えた」と一矢報いる一幕もあった。

また、「どんな長ぜりふも怖くなくなりました」と言い切った上地に、吉川は「言っちゃったな。これから大変だよ、長ぜりふの役ばっかりくるよ。(取材に来ていた)民放各局の皆さんよろしくお願いします」と呼びかけて、笑いを誘っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
吉岡里帆、フジ新連ドラでポンコツ演技ぶり露呈...『カルテット』での才能は見る影もなし
指原莉乃がTENGAを体験「私も指突っ込んでみたい!」
YOSHIKIにToshIと絶縁!?X JAPANに急浮上した空中分解の危機
堀田茜がした出川哲朗への“失礼発言”に批判殺到「何様のつもり」
松本人志は見抜いていた!?久本雅美が結婚できない理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加