最新ランキングをチェックしよう
気圧の変化「耳の中で感じていた!」気象病や天気痛の治療へ 中部大

気圧の変化「耳の中で感じていた!」気象病や天気痛の治療へ 中部大

  • ハザードラボ
  • 更新日:2019/02/17

台風接近や低気圧によって頭痛を訴える人は多い「雨が降ると古傷が痛む」「頭痛がする」など、天気の崩れが体調に影響したり、病気を悪化させたりすることは、「気象病」や「天気痛」などと呼ばれるが、そのメカニズムは解明されておらず、何にも感じない人からは「気のせいでは?」と片付けられることがある。
 
 中部大学の研究グループはマウスを使った実験で、耳の最も内側にある器官が、気圧の変化を感じる場所であること

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゾウアザラシは見た! 南極海の「氷の穴」を動物たちが調査する
ドカーン!できたてホヤホヤ!火星に隕石衝突「印象派みたいなクレーター」
火星に「生命」の証拠?高濃度メタンガス NASA探査車が観測!史上初
謎深まる「ナスカの地上絵」生息しないペリカンが描かれていた!北大
認知症は遺伝する?近い親戚に患者がいるとリスクが増加、米ユタ大学研究
  • このエントリーをはてなブックマークに追加