小林幸子の米 新潟で240キロ脱穀 「元気なうちは続けていきたい」

小林幸子の米 新潟で240キロ脱穀 「元気なうちは続けていきたい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/13
No image

脱穀作業を行う小林幸子=新潟県長岡市山古志地域

歌手・小林幸子(63)が12日、新潟県長岡市山古志地域にある「小林幸子田」で、収穫した米240キロの脱穀作業を行った。作業前には8月18日に急死した元衆院議員の長島忠美・復興副大臣(享年66)に黙とうをささげ追悼した。2004年の新潟県中越地震の時、当時元山古志村の村長だった長島氏から「新潟を一緒に盛り上げよう!」と言われ交流がスタート。「小林幸子田」も元は長島氏の所有地で、「永久に使って」と提供され、06年から米作りを続けてきた。

この日は「米作りは元気なうちはずっと続けていきたい。きっと長島さんが喜んでくれる」と、長島氏の思いを継いで復興支援活動の継続を誓った。

幸子は12月6日に新曲「存在証明」を発売する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
サザエさんEDテーマの1.5倍速ドラムがバカうますぎる
浅田真央さんの交際報道に広瀬気象予報士「許せない。許さない」 涙が出そうに...
筧美和子、豊満バスト押し付け急接近 密着腕組みで「もはや服着てない」「かなり良質」視聴者の妄想掻き立てる<フリンジマン第3話>
上西小百合、タレント転身も「全局が一斉出禁」の衝撃情報!
「花より男子」再ドラマ化報道に原作者が言及
  • このエントリーをはてなブックマークに追加