東京為替:ユーロ・円は小じっかり、OPEC減産合意に期待感

東京為替:ユーロ・円は小じっかり、OPEC減産合意に期待感

  • FISCO
  • 更新日:2016/11/30
No image

株式会社フィスコ

ユーロ・円は小じっかりとなり、119円後半で推移している。午後は一時120円を回復した。報道によると、ナイジェリア石油相が「OPECは減産の必要性についてまとまりつつある」と述べた。この発言を受けて円売り気味となり、ユーロ・円などクロス円や、ドル・円の強含みにつながっている。

ここまでのドル・円の取引レンジは112円06銭から112円96銭、ユーロ・円は119円46銭から120円05銭、ユーロ・ドルは1.0622ドルから1.0660ドルで推移した。

<KK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
電通“長時間労働”解消へ1割を人事異動へ
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
大塚家具、広大なフロアに誰もおらず...久美子社長、放逐した父会長時代より業績悪化
ユニクロに1年潜入取材してみた!
マクラーレンの新型スーパーカー、「ハイパー GT」...限定106台はすでに完売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加