“闇スロ”摘発の瞬間...雑居ビルの一室に50台

“闇スロ”摘発の瞬間...雑居ビルの一室に50台

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/18
No image

摘発された闇スロット店は2カ月で2000万円を売り上げていたとみられています。

店舗責任者の天田健太郎(25)容疑者ら3人は、17日午前7時ごろ、横浜市の雑居ビルの一室でスロット機50台を設置し、客に賭博をさせていた疑いが持たれています。警察によりますと、店は紹介制で、出入り口には施錠がされていたほか、監視カメラも設置されていました。警察は、天田容疑者らが2カ月で約2000万円を売り上げたとみて調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
悠仁さまを乗せて追突事故! 宮内庁運転手の気の毒な処遇
最後の「フィクサー」児玉誉士夫とは何者だったのか
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
溺死の少年「帰ってこなければ迎えに来て」
炎上車両の男性死亡 横浜横須賀道路で正面衝突
  • このエントリーをはてなブックマークに追加