家入レオ、1月開催『蜜蜂と遠雷』リーディング・オーケストラコンサートに出演

家入レオ、1月開催『蜜蜂と遠雷』リーディング・オーケストラコンサートに出演

  • rockinon.com
  • 更新日:2017/12/07
No image

rockinon.comで関連写真をもっと見る

家入レオが、来年1月に「直木賞・本屋大賞受賞恩田陸『蜜蜂と遠雷』より『蜜蜂と遠雷』リーディング・オーケストラコンサート~コトダマの音楽会~」に出演する。

なお同公演は、2018年1月5日(金)、6日(土)にBunkamuraオーチャードホールにて3公演、2018年1月27日(土)、28日(日)に森ノ宮ピロティホールにて3公演開催される。

このコンサートは若きソリスト(音楽家)たちが奏でる歌と音と、言葉をまるで旋律のように組み合わせた新しい形のシンフォニーによる音楽会とのことで、直木賞・本屋大賞を受賞した『蜜蜂と遠雷』が創りだした言葉の数々を歌と朗読で紹介表現しながら、千住明によるオリジナル楽曲の旋律や音楽をピアノやオーケストラによって表現しようというもの。

家入は栄伝亜夜役を務め、風間塵役は橋本良(A.B.C-Z)が演じる。そのほかソプラニスタ木村優一がマサル・カルロス・レヴィ・アナトール役を、高島明石役には、ビッケブランカ(1月6日/2公演、1月27日/2公演)、中川晃教(1月28日/1公演)ほかが日替わりで出演する。

【橋本良亮 コメント】

朗読劇は、初めてのチャレンジです。そして、今回はオーケストラの演奏で、歌も歌います。新年早々に新しい企画に取り組むことになり、いい年を迎えられそうです!印象に残るリーディング・コンサートにしたいです。

【家入レオ コメント】

私は歌を歌っていて、栄伝亜夜はピアノを弾いている。私は身体を鳴らしていて、栄伝亜夜はピアノという楽器を響かせている。違うようで同じ。音楽と共に呼吸してる。「蜜蜂と遠雷」を読んだ時、すぐに亜夜が大好きになりました。音楽を気取らずに楽しんでいるその姿こそ、音楽が望んだ音楽の姿だと思ったから。私もはじめての朗読劇ですが、思い切り楽しみたいです。

●公演情報

「直木賞・本屋大賞受賞恩田陸『蜜蜂と遠雷』より『蜜蜂と遠雷』リーディング・オーケストラコンサート~コトダマの音楽会~」

原作:恩田陸 直木賞・本屋大賞受賞『蜜蜂と遠雷』

音楽監督:千住 明

構成台本:モトイキ シゲキ

演出・振付:藤林美沙/元生茂樹

出演:

橋本良亮(A.B.C-Z) ・・・風間 塵

家入レオ・・・栄伝亜夜

木村優一・・・マサル・カルロス・レヴィ・アナトール

ビッケブランカ ・・・高島明石 *1/6(土)13:00/18:00、1/27(土)15:00/19:00

中川晃教・・・高島明石 *1/28(日)13:00

*1/5(金)19:00公演の高島明石役は後日発表。

湖月わたる/朴 璐美・・・ストーリーテラー

管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団(東京公演)、大阪交響楽団(大阪公演)

指揮者:澤村杏太朗

ピアノ:川田健太郎/西本夏生

<東京公演=全3公演>

公演日程:2018年

1月5日(金)18:15開場 19:00開演

1月6日(土)12:15開場 13:00開演

1月6日(土)17:15開場 18:00開演

会場:Bunkamuraオーチャードホール

<大阪公演=全3公演>

公演日程:2018年

1月27日(土)14:30開場 15:00開演

1月27日(土)18:30開場 19:00開演

1月28日(日)12:30開場 13:00開演

会場:森ノ宮ピロティホール

公式ホームページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
和楽器バンド、2ndシングル「雪影ぼうし」年明けリリース決定
BOOWYの“Twitter Emoji”が期間限定で登場
手塚治虫氏の“火の鳥”とのコラボレーション作品も展示される「GOMA個展〜再生〜」
挫折者の心の旅 - 『地方都市のメメント・モリ』 amazarashi
MONO NO AWARE、故郷に思い馳せた「天下一舞踏会」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加