宮沢りえ、12年ぶり映画アフレコ収録に「ちょっとかみました」

宮沢りえ、12年ぶり映画アフレコ収録に「ちょっとかみました」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/13
No image

アフレコ収録を行った宮沢りえ=東京・アバコクリエイティブスタジオ

女優の宮沢りえ(44)が11日、都内でアニメ映画「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」(12月2日公開)のアフレコ収録を行った。宮沢が劇場版アニメで吹き替えをするのは、05年の「死者の書」以来12年ぶり。主人公のムーミントロールの声を担当する。

宮沢は「子供の頃から慣れ親しんでいるキャラクター。ちょっとプレッシャーもあった」と明かし、収録では「ちょっとかみましたね。もう1回!」と自ら撮り直し志願も。

ムーミンには14年に亡くなった母・光子さんの思い出がある。宮沢は「子供の頃、母が『ねぇムーミン、こっち向いて…』の歌を私の名前に変えて歌ってくれていたんです。幼少期を思い出して胸がキュンとなります」と打ち明けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ざわちんの生放送出演に「SNSと顔が違いすぎる」と騒然 加工の影響?
やる気ゼロ「おかげでした」出演の筧美和子に批判集中
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
清水良太郎、「キメセク常習疑惑」「電マ性癖」醜態の数々――風俗嬢の暴露で「復帰はアウト」
ベッキー、「当然のような態度」でアンガ田中との交際を拒絶して批判殺到!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加