最新ランキングをチェックしよう
いじめと発達障害を描く「アマノジャク・思春期」、入江悠や押切蓮介が応援コメント

いじめと発達障害を描く「アマノジャク・思春期」、入江悠や押切蓮介が応援コメント

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2019/07/15

いじめと発達障害をテーマとした「アマノジャク・思春期」が、7月27日に公開される。「アマノジャク・思春期」すべての画像・動画を見る(全5件)
岡倉光輝が監督した本作は、「下顎前突症(受け口)」という容姿のコンプレックスを持ち、教室になじめずにいる発達障害の小学6年生・光の日常を描くもの。撮影当時小学4年生の山本楽が光を演じ、千野羽舞、古山憲太郎、河野知美らがキャストに名を連ねた。カナザワ映画祭20

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「あいつの“アホ”は嘘」紳助氏、『ヘキサゴン』の厳しい出演者選びを語る 見破れなかった“偽・おバカ"は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加