最新ランキングをチェックしよう
経路検索の普及へ、苦戦しながらも逆境を乗り越えた「駅すぱあと」

経路検索の普及へ、苦戦しながらも逆境を乗り越えた「駅すぱあと」

  • BCN+R
  • 更新日:2019/01/14

【「駅すぱあと」の今までとこれから・4】 1988年2月、日本初の経路検索ソフトとして生まれたヴァル研究所(ヴァル研)の「駅すぱあと」。満を持しての発売だったものの、認知されるまでに長い道のりを歩んだようだ。今まで世になかったソフトなだけに、ユーザーにとっては未知の世界だったことに加え、家電量販店などの販売側にとっては売れるかどうか分からないものだったというのが大きな理由だった。
 「売れなくて苦

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
宇垣美里の非常識ぶりに唖然!「民度が知れる」発言が特大ブーメランになって業界を干される危機
「野菜から食べてもやせませんよ」教授が教える、太りやすい理由
気をつけろ! 日本株市場「大崩壊」の不気味すぎる予兆が出てきた
どう見ても小学生!? Fカップ・長澤茉里奈“ロリ過ぎる”投稿写真に驚愕...
《和菓子店娘殺害》父の女グセと借金と “娘との距離”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加