最新ランキングをチェックしよう
経路検索の普及へ、苦戦しながらも逆境を乗り越えた「駅すぱあと」

経路検索の普及へ、苦戦しながらも逆境を乗り越えた「駅すぱあと」

  • BCN+R
  • 更新日:2019/01/14

【「駅すぱあと」の今までとこれから・4】 1988年2月、日本初の経路検索ソフトとして生まれたヴァル研究所(ヴァル研)の「駅すぱあと」。満を持しての発売だったものの、認知されるまでに長い道のりを歩んだようだ。今まで世になかったソフトなだけに、ユーザーにとっては未知の世界だったことに加え、家電量販店などの販売側にとっては売れるかどうか分からないものだったというのが大きな理由だった。
 「売れなくて苦

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
一番売れてるワイヤレス、世界一ノイズレスなヘッドホン...万人に愛されるオーディオ機器5選【いま欲しい2018年ベストアイテム】
DISCOVER、ジェームズ・ボンドに影響受けた高機能レザーバッグFAIRE発売
さようなら、GmailやYouTube。 Googleから完全に手を切る方法
通信速度は4Gの20倍!5Gになると具体的に何ができるようになるのか?
トンガの海底ケーブルが断線して携帯電話もインターネットも使えず...「国家の危機」との声も

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加