【J1採点&寸評】名古屋1-5横浜|攻撃的サッカーの激突は機能美に溢れた横浜に軍配! 五輪世代FWが絶大な存在感!

【J1採点&寸評】名古屋1-5横浜|攻撃的サッカーの激突は機能美に溢れた横浜に軍配! 五輪世代FWが絶大な存在感!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/08/25
No image

快勝した横浜が笑顔で写真に収まる。左から広瀬、畠中、遠藤、M・ジュニオール、仲川。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

No image

【警告】横浜=扇原(90分) 名古屋=ジョー(90+3分) 【退場】横浜=なし 名古屋=宮原 【MAN OF THE MATCH】マルコス・ジュニオール(横浜FM)

No image

7月7日以来の出場となった丸山だが、ややパフォーマンスに安定化を欠いた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

No image

【警告】横浜=扇原(90分) 名古屋=ジョー(90+3分) 【退場】横浜=なし 名古屋=宮原 【MAN OF THE MATCH】マルコス・ジュニオール(横浜FM)

[J1リーグ24節]名古屋1-5横浜/8月24日/パロ瑞穂

【チーム採点・寸評】
名古屋 4.5
横浜の作り込まれたシステムと作戦の前に屈した一戦。それでも決定機を決めていればという部分があったが、決められなかったことが惨敗の呼び水にもなった。次節への立て直しは急務だ。

【名古屋|採点・寸評】
GK
1 ランゲラック 5.5
PK2本を含む5失点にGKの責任はない。むしろビッグセーブも多く、崩れ落ちそうなチームを懸命に支え続けた姿を評価したい。

DF
6 宮原和也 5.5
得点機会阻止で58分にレッドカード。それまで攻守に渡ってチームを牽引する動きを見せていただけに、彼の退場は痛手だった。

20 中谷進之介 5.5
常に前向きの守備を画策し、身体を張ってゴール前を守ったが、ディフェンスラインが一人減ってからの劣勢はいかんともしがたいところ。一矢報いるジョーのゴールをアシストした位置取りの高さは素晴らしかった。
17 丸山祐市 5.5
7月7日以来の実戦復帰は万全とは言えず、守備のカバーリングでは持ち前の危機察知能力を見せるも、負傷した左足のフィードには精度を欠いた。

23 吉田 豊 5
左サイドバックながら敵陣深くに攻め入ること多数。それは宮原の退場で3バックの一人となっても変わらなかった。1失点目のPKの場面は不運もあったが結果には響いた。

MF
25 前田直輝 5(60分OUT)
前半のふたつのチャンスを決めていれば、試合は別のものにもなっていたか。得意のドリブル突破をティーラトンに抑え込まれ、持ち味を出しきれないまま退場者の穴埋めで交代に。

21 エドゥアルド・ネット 4.5(67分OUT)
序盤は好パスを何度も前線に通して良い部分を見せたが、全体を通しては守備面を中心に物足りなさが残るパフォーマンスに。

MF
8 ジョアン・シミッチ 5
攻撃面では位置が低く、守備面では逆に高めに過ぎた印象も。空中戦を含めて戦う姿勢は見せ続けたが、チームのバタつきを制御することができなかった。

29 和泉竜司 5.5
広くボールを受けに動きつつ、左サイドの突破力に力を見せた。シュートへの積極性もしかりで、3バック変更後はウイングバックの位置から沈むチームを必死で鼓舞し続けた。

FW
7 ジョー 5
3か月ぶりのゴールを挙げるも試合結果には焼け石に水。それよりも前半の決定機を逃したことの方が問題は大きく、チームに闘う力を与えられなかったことの方が残念なところ。

10 ガブリエル・シャビエル 5(84分OUT)
周囲のサポートが分厚いうちは効果的なプレーも多いのだが、時間経過とともにプレーの効率が下がっていった。セットプレーの精度も以前に比べて低く、改善したい部分だ。
交代出場
DF
36 太田宏介 5.5(60分 IN)
退場者を出したチームが布陣を変更する中で、3-4-2のウイングバックとして登場。高い位置でのプレーで仲間を引っ張り、ジョーのゴールの起点となってみせた。

MF
9 長谷川アーリアジャスール 5(67分IN)
動きの悪いネットに代わり、ボランチで出場。ボールを運び、キープする力は見せたが、決定機でシュートを打てない悪癖は展開が展開だけに気になった。

FW
32 赤﨑秀平 ―(84分 IN)
最後の追い上げにと投入されたが、試合展開が悪すぎた。ほとんどボールを触れず、相手のボールを追いかけるばかりで持ち味は出せなかった。

監督
風間八宏 5
退場者が出たのは不運だったが、相手のシステマチックな攻守に対して試合中に対処することはできたはず。選手の判断も大事だが、飲水タイムも含めてベンチからの指示ももっと欲しかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。【チーム採点・寸評】
横浜 6.5
システムのオートマティズムが個の集合体を圧倒。空けたスペースを使って次々と加速していく攻撃は満員のスタジアムに歓声とため息を呼んだ。1失点は隙を突かれたが、そこでさらにパワーを使って2点を追加した展開は爽快ですらあった。

【横浜|採点・寸評】
GK
31 杉本大地 6.5
勇気あるポジショニングで前がかりのチームにしっかり呼応。細かいフィードなどでミスも目立ったが、積極的なチャレンジの結果で印象は悪くない。前半のビッグセーブは確実にチームを救った。

DF
18 広瀬陸斗 6
右サイドで精力的に走り回り、エリキを手厚くサポート。自身も中盤でのプレーに加わりシステムの回転を助けた。後半になっても落ちない運動量と攻撃性も言い落とせない。

13 チアゴ・マルチンス 6.5
ジョーとのマッチアップは少なかったが、その分だけ守備陣全体を見渡すカバーリング能力が光った。ビルドアップ時の冷静さも名古屋にとっては厄介極まりなかったはず。

44 畠中槙之輔 6.5
ジョーとのマッチアップで互角に渡り合い、機を見た鋭い縦パスで攻撃のスイッチも入れた。ボールを奪いに行く姿勢も積極的で、後方からチームを文字通り押し上げた。

5 ティーラトン 6.5
前田直輝とのマッチアップを力強く制すると、偽サイドバックの動きで中盤も活性化。大胆不敵なボールの持ち方で名古屋の選手を引き出し、攻撃の起点としても存在感大。
MF
6 扇原貴宏 6.5
運動量豊富な喜田とのコンビは彼の攻撃性をうまく引き出した。サイズを生かして中盤でのタメを作り、鋭いパス出しで何度もチャンスを演出。前線への飛び出しも果敢だった。

8 喜田拓也 6.5
攻撃的に振る舞うチームのリズムを崩さずボールの中継点となった。守備面での貢献度も高く、ディフェンスライン前のフィルター役を完遂。後半のゲームコントロールの部分での落ち着きも見逃せない。

MAN OF THE MATCH
9 マルコス・ジュニオール 7(82分OUT)
トップ下の位置から縦横無尽にボールを受けてはさばいて攻撃に流動性をもたらした。名古屋は彼を捕まえきれなかったことが劣勢の最大の要因と言える。ふたつのPKをきっちり決めた決定力も加えてこの日のMOM。FW
23 仲川輝人 6.5(67分OUT)
別次元のスピードで名古屋のディフェンスラインを切り裂いた。速さの中でも技術を失わない高質のパフォーマンスは得点がなくともスタジアムを大いに沸かせた。

17 エリキ 6.5 (88分OUT)
序盤こそチームとリズムが合わない場面も見られたが、驚愕のオーバーヘッドキックで一気に乗った。名古屋の心を折るスーパーゴールの効果は小さくなく、後半はより冷静にプレーした印象。

11 遠藤渓太 7
左サイドでの余裕あるボールの持ち方、突破にかかる巧みなドリブルは良い攻撃のアクセントに。90分を通して攻撃の起点となり続け、相手の反撃の意を刈り取る2得点はもう一人のMOMといって過言でない働き。
交代出場
MF
26 渡辺皓太 6(67分IN)
脚がつった仲川に代わってピッチに入り、後方から送られてくる鋭いパスを収めては前へと持ち出す推進力を見せた。自ら持ち込む決定機もあり、チームの流れを壊さなかった。

MF
7 大津祐樹 6(82分IN)
残り時間も少ない中で登場したが、とどめの一撃を素早いサイド突破で演出。試合の流れを読んだプレーで仕上げに一役買った。

FW
19 中川風希 -(88分IN)
わずか数分のプレーだったが、それだけに思い切って仕掛けてシュートも一本記録。交代選手としてのアグレッシブさを見せた。

監督
アンジェ・ポステコグルー 6.5
名古屋の戦い方を完全に見抜いてのゲームプランが完璧にはまった。相手の退場者が出た後はややバタつく部分もあったが、しっかり修正させたのも見事。得点はどれも機能美に溢れていた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文:今井雄一朗(スポーツライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
復調の機運高まる!?藤春の復帰がガンバ大阪にもたらした3つのメリット
[NB CHAMPIONSHIP U-16] 大成はインハイ全国出場のFW原が同点ゴール!(4枚)
“働きながら練習したい” パラ選手が直面する壁
【岩本輝雄】“3位対4位”対決はマリノスに軍配。3-0で完勝できた理由は?
安西幸輝、先輩・中島翔哉との直接対決に感慨「もうちょっとバチバチやりたかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加