1位はフェデラーvsキリオス

1位はフェデラーvsキリオス

  • tennis365
  • 更新日:2017/12/05
No image

(左から)キリオスとフェデラー : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATPは5日に公式サイトで2017年のベストマッチ トップ5を発表し、第1位はR・フェデラー(スイス)N・キリオス(オーストラリア)のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)準決勝となった。

【2位:ドミニク・ティーム vs グリゴール・ディミトロフ】

第2位は、5月に行われたムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)3回戦で、D・ティーム(オーストリア)G・ディミトロフ(ブルガリア)を4-6, 6-4, 7-6 (9-7)の逆転で下した試合。

クレーコートを得意としているティームは、ディミトロフに握られた3本のマッチポイントを全てしのぐと、2時間34分で勝利をものにした。

この試合でティームは第1セットをディミトロフに奪われ、第2セットはゲームカウント1−3、ファイナルセットもゲームカウント2−4といずれも劣勢からの逆転勝利だった。

ファイナルセットのタイブレークでは3-6から3ポイント、そして6-7、8-9と5度のマッチポイントをしのぐと、自身が掴んだ2度目のマッチポイントをものにした。

この勝利でティームは、1月のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)のリベンジを果たし、ムチュア・マドリッド・オープンで自身初となるマスターズの決勝進出を果たした。決勝戦ではR・ナダル(スペイン)に敗れた。

【1位:ロジャー・フェデラー vs ニック・キリオス】

3月のマイアミ・オープン準決勝でフェデラーがキリオスを7-6 (9-7), 6-7 (7-9), 7-6 (7-5)のフルセットで破った。

この試合、フェデラーはキリオスに握られたセットポイントをしのぎ、キリオスはフェデラーに握られたマッチポイントをしのぐ激しい展開となった。

両者は、この大会直前のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)準々決勝でも対戦するはずだった。しかし、キリオスは体調不良から試合開始前に棄権していた。

2人の激闘は第1セットからタイブレークへ突入すると、いずれもセットポイントを手にしながら、なかなかものにできなかった。その接戦を制したフェデラーが第1セットを先取したが、第2セットも21歳のキリオスの勢いが衰えることはなかった。

第2セットのタイブレークでフェデラーは6-5、8-7と2度のマッチポイントを握るが、いずれも自身のミスで取りきれなかった。

キリオスは10-9で握ったセットポイントで見事なサービスエースを叩き込み、セットカウント1−1に追いつく。

その後、ファイナルセットだけで1時間を要する接戦となり、これまでの両者の対戦の流れを引き継いでいるようだった。

以前にフェデラーがキリオスと対戦したのは2015年のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)2回戦。試合は6-7 (2-7), 7-6 (7-5), 7-6 (12-10)と接戦の末にキリオスが勝利した。

しかし、今回はその時のリベンジを果たすべく、フェデラーがファイナルセットのタイブレークを制して決勝進出を決めた。フェデラーは決勝戦でナダルをストレートで下し、優勝を飾った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
柔軟に粘り初栄冠=20歳山口、伸び盛り-バドミントンファイナル
全豪OPワイルドカード獲得
山口茜「バドミントン楽しむ」モットーに世界制覇
ヒューイットが「全豪オープン」のダブルスで復帰
  • このエントリーをはてなブックマークに追加