チンしてつくれる!本物の宝石のような美しさ「宝石せっけん」

チンしてつくれる!本物の宝石のような美しさ「宝石せっけん」

  • モデルプレス
  • 更新日:2016/12/01

【美容/モデルプレス】キラキラ美しい見た目で話題になっている「宝石せっけん」。透明で奥行きのある色味が本物の宝石のようですよね。でも、実はレンジでチンして、簡単につくれてしまうんです。今回はそんな「宝石せっけん」の作り方と楽しみ方をご紹介します。

No image

(写真 : チンしてつくれる!本物の宝石のような美しさ「宝石せっけん」/kao.lulu.3さんInstagramより)

【さらに写真を見る】チンしてつくれる!本物の宝石のような美しさ「宝石せっけん」

●「宝石せっけん」って何?

「宝石せっけん」とは、見た通りに、本物の宝石のようにキラキラと綺麗な石鹸のこと。

「グリセリンソープ」といって、保湿成分の高いグリセリンをたっぷりと含んだせっけんなのです。

これに自分好みに色を混ぜたり、香りをつけたりして楽しむことができ、フォットジェニックな見た目とあいまって今、SNSなどで話題になっています。

見た感じ、可愛いけど作るの難しそう…と思われるかもしれませんが、実はとっても簡単。材料を混ぜ合わせて、レンジでチンするだけなんです。

●「宝石せっけん」の作り方

では、さっそく「宝石せっけん」をつくっていきましょう!

<用意するもの>

・クリアソープ

・食紅 (4色くらいあると◎)

・耐熱カップ

・カッターなどの刃物

1、クリアソープを小さくカットして、耐熱カップに入れて、レンジでチンします。様子を見ながら、全て溶けるまで温めて下さいね。

2、溶け切ったらソープに、食紅を垂らして色を付けます。その後、固まっても出しやすい容器に移して、固まるまで冷まします。

3、同じように何色分かの石鹸をつくって、カッターなどで小さくカットします。

4、カラフルなカットした石鹸を、固まっても取り出しやすい容器に入れて、上から溶かしたクリアソープを注ぎます。

5、固まるまで冷ましたら、取り出して、宝石の形をイメージして、カッティングしていきます。

鉱物のようにカッティングすると、キラキラした天然の宝石のような石鹸になります。

その他にもアイスバー用の型に流し込んでつくれば、キュートな見た目のアイスバー石鹸にも。

ゼリーのような見た目の石鹸にもつくることが出来ます。

流し込む型と、カッティング次第でいくらでもバリエーションが増えそうですね!

●作るときのコツ&アレンジ方法

つくるとこのコツは、溶かす時には細かくカットしてから溶かすこと。

また、すぐに溶けるため10秒単位で様子を見ること、色を溶かす時はゆっくり丁寧に溶かすことです。

また食紅以外にも、オリーブオイルや精油など、気になる材料を混ぜて見るのも良いですね!

見た目にも肌にも嬉しい自分だけのオリジナル石鹸をつくってみてください。

いかがでしたか?

今回はレンジでチンするだけで簡単につくれる「宝石せっけん」をご紹介しました。

休日は子ども心に戻って、オリジナルせっけん作りにチャレンジしてみませんか?(modelpress編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オシャレな県民ランキング発表! 2位「広島県」1位は?
1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ......花嫁の返答が話題に
オモシロすぎる!実在の高校名ランキング 3位「飯田OIDE長姫高等学校」
学習能力なさすぎっ! 頭の悪い人が「絶対にすること」6つ
ムリ言わないでよっ!カレシに求められた「不可能なエッチ」3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加