元大関・十両照ノ富士 1勝もできず...幕下陥落確実も現役意欲

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/05/28

◇大相撲夏場所千秋楽(2018年5月27日 両国国技館)

元大関で東十両8枚目の照ノ富士は、幕下の天風に敗れて1勝もできず9敗6休で終えた。

幕下陥落は決定的だが、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)は「まだ若い。幕下まで落ちたからと言って、辞めるとかじゃない。そういう話をしたこともない。まずケガを治さないと」と現役続行に前向き。過去に大関経験者が幕下まで落ちた例はないが、照ノ富士も「誰も辞めるとは言っていないよ」と引退には否定的だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
白鵬ファンサービス徹底「合宿最後にいい稽古」
ロシア出身・阿夢露、感謝の断髪式 今後はトレーナーを目指す
白鵬 長男・真羽人くんと夢の親子一番「いい稽古になった」
【スポーツ今昔物語 #3】 国技と言われるのも納得!? 古代の朝廷から江戸の庶民まで親しんだ相撲
高安、横綱稀勢の里に3勝8敗も「いい環境で充実していた」 徳島合宿打ち上げ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加