ネイティブもうんざり!?ほとんどの日本人が間違える英語表現

ネイティブもうんざり!?ほとんどの日本人が間違える英語表現

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/12
No image

英語学習において、外来語として定着しているカタカナ単語ほど怖いものはない。日本人が長く使っているうちに、英語圏での本来の意味とかけ離れてしまっていることがよくあるからである。例えば、「diet」(ダイエット)はもともと「食事療法」の意味で、この言葉が日本に入ってきた時は、その意味で使われていた。しかし、次第に「食事療法」の意味だけでなく、「身体トレーニング」の意味でも使われるようになった。

数年前に流行した「巻くだけダイエット」や「歩くだけダイエット」などの「~~だけダイエット」という使い方はその典型だが、英語圏では変に思われる。また、「チャレンジ」という言葉は、日本では「(何かに)挑戦する」という意味合いでもっぱら使われているが、英語圏では微妙に違う。「challenge」は、動詞であれば「(誰それに)挑む」、名詞であれば「難題」という意味で使うことが多い。日本人のイメージする「チャレンジ」は、英語圏では「try」に近い。

こうした外来語の誤用を防ぐには、一にも二にも辞書を開いて、その語義を確認することである。

もっとやっかいなのは、一見すると外来語、しかしその正体は日本人が創作した「なんちゃって英語」、つまり和製英語である。英語風の専門用語やネーミングをカッコいいと思う日本人の性格を反映して、これまで幾多の和製英語が発明されてきた。前述した、語義が変質しただけの外来語は、「英語としておかしいけど、言わんとすることは理解できる」ものが多いが、和製英語になると意味がさっぱり分からないばかりか、話者の品位を疑われるようなものもあって始末が悪い。致命的なものを、いくつか挙げてみよう。

No image

●スキンシップ

かなり英語ができる人でも、「skinship」という英単語は存在すると勘違いしていることが多い。実はこれ、100%ピュアな和製英語。ネイティブスピーカー相手にこの単語を使うと、「skin」+「ship」で「人間の皮で作った船?」と誤解を受ける。日本人が考える「スキンシップ」にあたる意味を、強いて英語にするなら「mother-child bonding」となる。

●ペーパードライバー

英米人への自己紹介なんかで「I’m a paper driver.」と話したら、相手は「紙製の運転手っていったい…」と、頭の中でハテナマークが幾つも出てくることになる。ここは「I’m a driver in name only.」が正解。

●カレーライス

日本に1回でも観光旅行に来た英米人であれば、「カレーライス」と聞いてどんなものか想像できるかもしれない。しかし、そうでない人にとっては「カレーという名称の米の品種」か「カレー専用の米」と思われてしまうだろう。

●マイブーム

気のおけない会話でも「my boom」という表現を使ったら、相手に「自分の人気が急上昇って、なんの話?」と怪訝な反応が返ってくるはず。もっとも日本国内でも、「マイブーム」は死語になりつつあるが…

名詞だけでなく、ちょっとした挨拶や定型的な言い回しでも、墓穴を掘りかねないものがある。例えば―

●See you again.

英会話を習い始めた日本人の大多数が、「”See you.”だけだとぶっきらぼうかな」と余計な気を回してドツボにはまってしまうのが、「See you again.」。「ではまた」という気軽な意味合いが、againが加わったことで「もう会えないかもしれないね、さようなら」という意味を帯びてしまう。もし「See you.」のあとに何か1語付けたしたいなら、「See you later.」とか「See you soon.」としたい。

●Don’ t mind.

文法的に間違いないし、「ドンマイ」という外来語があるので、英語圏には「Don’ t mind.」(「気にしないでください」)なる表現があるはず、と思っていたら大間違い。これは全く通じない表現で、「Don’t worry about it.」が、最も近い意味合いの表現となる。

●Let’s ~~.

多くの日本人は、「Let’s」を単に「~しましょう」程度の意味にとらえて、多くの間違いが生じている。実は「Let’s」には、そう言っている話し手も参加する前提で、相手に何かを勧める意味がある。例えば「Let’s go to Hokkaido.」と言った場合、そう言った人も北海道に行くことになる。しかし、観光パンフの英語翻訳版には、話し手が参加するつもりのない「Let’s」表現をよく見かける。

●Please once more.

英会話ビギナーが、相手の言っていることが聞き取れないときに連発しがちなフレーズ。これだと、相手の発言を理解しているが、「もう1回言ってみて」とねだっている意味不明なシチュエーションになってしまう。「Could you repeat that?」や「What was that again?」といった表現が無難だが、もっと簡潔に「Excuse me.」でもよい。ちなみにアラフォー世代以上が学んだ「Pardon?」は、丁寧ではあるものの、古びた言い回しになっている。

とまあ、挙げてゆけばキリがないが、誰でも知っている単語や言い回しこそ、英会話教室の講師に確認したり、念のため辞書を見るクセをつけたい。それを習慣づけることで、着実に英語力は向上してゆくはずである。

参考資料:
『恥ずかしい和製英語』(スティーブン・ウォルシュ/草思社)
『和製英語事典』(亀田尚己、青柳由紀江、J・M・クリスチャンセン)
『日本人の9割が間違える英語表現100』(キャサリン・クラフト著、里中哲彦訳/筑摩書房)

文/鈴木拓也

老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
消えてしまったけど好きだった飲料ランキング
子どもを満席電車で座らせるママが許せない!なぜ疲れきった私が立たなきゃないけないの?
会社は教えてくれない、サラリーマンが確定申告で得する裏技
エナジードリンク「副作用」がハンパ無いことが判明!若者の半数は感じている
  • このエントリーをはてなブックマークに追加