M1のソフトバンク、柳田が四回に逆転の30号弾

M1のソフトバンク、柳田が四回に逆転の30号弾

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/17
No image

4回、左越え逆転2ランを放ったソフトバンク・柳田=メットライフドーム(撮影・園田高夫)

「西武-ソフトバンク」(16日、メットライフドーム)

ソフトバンク・柳田が30号逆転2ランを放った。勝つか、引き分けでリーグ優勝が決まる一戦で、4番が存在感を見せつけた。

二回に山川の17号ソロで1点を先制されて迎えた四回。1死から中村晃が三遊間を破る左前打で出塁。続く4番の柳田は、西武の先発右腕、野上が投じた真ん中低めのスライダーをフルスイング。高い放物線を描いた打球は左翼席へと吸い込まれた。8月23日以来となる一発で試合をひっくり返した。

柳田の30本塁打は2015年以来、自身2度目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
陰日向で輝く 川島、福田、高田...ソフトBを支える「玄人好み」の選手たち
昨季はマツダでビールの売り子 STU48瀧野「本当に最高」
各球団発表、9月21日の引退は?
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
早実・清宮と一問一答(1)「高いレベルに身を置き目標をクリアしたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加