広島のムエタイ女王・白築杏奈 世界王座統一戦に「負ける気がしません」

広島のムエタイ女王・白築杏奈 世界王座統一戦に「負ける気がしません」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/12/09
No image

WPMF女子世界フライ級王座の防衛戦に臨む白築杏奈

キックボクシング団体「イノベーション」の大会「Japan Kickboxing Innovation 認定 第5回岡山ジム主催興行」(16日・岡山武道館)でWPM女子世界フライ級タイトルマッチを行う王者の白築杏奈(34=138 KICKBOXING CLUB)が8日、意気込みを語った。暫定王者タノンチャック・ゲーオサムリット(21=タイ)との統一戦に臨む。

“広島のムエタイ女王”白築は昨年10月15日、第4回岡山ジム主催興行のメインで王者ノーンビウ・シットヨードシアンを破りベルトを奪取。「ノーンビウ選手がすごく強くて、首を取られて、特に2ラウンドなんか青息吐息で『もうダメかも』ってくじけそうになった」ものの、広島からの応援団の声援で「不思議な力が無限に湧き出てきました」と振り返った。

王者となっても「絶対に一生変わらないと決めたことがある。今回の初防衛戦でベルトを守るではなしに、ずっと“挑戦”し続けようと。だから、私的には、前回と変わらない気持ち」と、チャレンジャー精神を失わないよう心がけている。

タノンチャックについては「パンチも蹴りも良くって、反応が鋭くうまい」と分析し、「前に出続けて、相手のやりたいことを封じます。距離を取っての蹴りあいは付き合わずに自分の間合いを保ってペースを奪いに行きます。首相撲の展開になれば、パワーは私の方が上の自信があるので負ける気がしません」と対策も公開。

「試合が終わってからでいい」と断りつつも、「有名なWBCの世界タイトルを狙いたい」と、ボクシング4大メジャー団体の一つWBCが認定するムエタイの世界王座も視野に入れている。

なお、タノンチャックは21歳の若さながら116戦88勝(13KO)14敗4分と白築(15戦9勝3敗3分)の8倍近い戦績を誇り、元WPMF世界女子ライトフライ級王者、ミラクルムエタイ女子ワンデートーナメント2018優勝と肩書も十分だ。

父親がコーチで兄も選手というムエタイ一家の出身で「小さな頃から普通にムエタイをやって」いるムエフィームー(万能型)。10年以上前の子供時代、日本のアマ大会で、後に男子のK-1世界王者になった大雅と対戦したこともある(判定負け)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本が「銀」に繰り上げ=陸上男子400メートルリレー-北京五輪
世界最強T・ドーリング&ジェイムスが外国人組13年ぶりV!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加