日本ハム・飯山が現役引退へ...20年目でユニホーム脱ぐ決断下す

日本ハム・飯山が現役引退へ...20年目でユニホーム脱ぐ決断下す

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/15

日本ハム・飯山裕志内野手(38)が今季限りで現役引退することが15日、明らかになった。堅実な守備で、“縁の下の力持ち”として長くチームを支えたベテランがユニホームを脱ぐ決断を下した。

1998年のドラフト4位で鹿児島れいめい高から入団した飯山は2001年に1軍デビュー。主に試合途中から守備固めや代走として出場する「スーパーサブ」として通算20年で910試合に出場、打率・202、1本塁打、45打点を記録している。登場曲に長渕剛の「勇次」を使用することでもファンに親しまれ、巨人と対戦した2012年の日本シリーズ第4戦ではサヨナラ安打も放っている。

20年目を迎えた今季は8月9日に出場選手登録され、9試合に出場。若手を起用するチーム方針もあり、今月1日に登録抹消となっていた。

No image

日本ハム・飯山

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】会場は唖然、騒然...MLBで驚きの珍プレー、バントが“先頭打者弾”に
ハム大谷の驚愕弾丸弾、米メディア「もし能力に疑問があるなら」...「見よ」
鷹・東浜が腰の張りで抹消へ 工藤監督「無理させない」 最多勝は雄星次第に
ロッテ 井口が「6番・DH」で引退試合に臨む 同僚は全員背番号「6」
【井口へのメッセージ7】ロッテ福浦「寂しいです」涌井「また相談に乗ってください」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加