セリエAでまたも人種差別...大手紙の一面に抗議殺到、“当事者”ルカクも「最も馬鹿げた見出し」

セリエAでまたも人種差別...大手紙の一面に抗議殺到、“当事者”ルカクも「最も馬鹿げた見出し」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2019/12/06

イタリア大手スポーツ紙『コリエレ・デッロ・スポルト』に批判が集まっている。5日の紙面では一面にFWロメル・ルカク(インテル)、DFクリス・スモーリング(ローマ)の写真を添えて「ブラックフライデー」との見出しを展開。すぐさま選手本人をはじめ、さまざまな関係者が「人種差別的だ」という声を挙げた。

「これまでのキャリアで最も馬鹿げた見出しだ」(ルカク)。

「けさ起きたことは間違ったことであり、非常に

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加