ブレードランナー“空白の30年間”が映像に 2022年は「カウボーイビバップ」渡辺信一郎がアニメ化!

ブレードランナー“空白の30年間”が映像に 2022年は「カウボーイビバップ」渡辺信一郎がアニメ化!

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/09/15
No image

SF映画の傑作「ブレードランナー」(1982年公開)の続編として10月27日に公開される映画「ブレードランナー 2049」。前作の舞台だった2019年から今作の2049年に至る“空白の30年間”を描いたショートフィルムの制作が明かされました。

その内の1つのショートアニメ「ブレードランナー ブラックアウト 2022」を手掛けるのは、「カウボーイビバップ」「マクロスプラス」などで知られるアニメーション監督の渡辺信一郎さん。そのティーザー映像も公開されています。

“空白の30年間”がショートフィルム化(画像はYouTubeから)

“空白の30年間”には、寿命を持たないよう改良されたレプリカントや、食物の供給がストップした原因不明の大規模停電、それに関連してレプリカントの製造を禁止する法令の施行、食糧難を解決する人工農法を開発し世界の危機を救った科学者ウォレスの登場、レプリカント禁止法の廃止などが発生。「ブレードランナー 2049」は、その後の世界が舞台となっています。

No image

ライアン・ゴズリングとハリソン・フォードが演じる“新旧ブレードランナー”

「ブレードランナー 2049」の前奏だというショートフィルムは複数公開予定のようで、渡辺監督は、2022年の大停電(ブラックアウト 2022)で何が起こったのかを描きます。ティーザー映像で渡辺監督は、短編アニメーション版を作るに当たって、「元の『ブレードランナー』に最大限のリスペクトを払うこと」「イミテーションにはならないようにすること」の2つに気を付けたと語っており、渡辺監督の描く2022年の世界も一部お披露目されています。

No image

アニメ映像も(画像はYouTubeから)

なお、キャラクターデザイン/作画監督は渡辺監督と「サムライチャンプルー」でタッグを組んだ村瀬修功さん、制作はCygamesのアニメ制作子会社CygamesPicturesが担当。9月26日公開予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
渡邉剣が日高ショーコ原作の名作BL「花は咲くか」実写化で映画初主演!衝撃キスシーンも
オダギリジョー、ゲバラだらけにびっくり!「まさかこんなことに...」
「イッツ・ア・スモールワールド」にファストパス導入
「ブレードランナー」3バージョンをHuluで配信、渡辺信一郎が手がけた短編アニメも
世界の北斎と西洋の名作が夢の共演 東京都台東区・国立西洋美術館2017年10月21日~2018年1月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加