中日2位京田139安打、セ界一長嶋さんにあと14

中日2位京田139安打、セ界一長嶋さんにあと14

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

球団新人安打記録に並んだ京田(右)はゲレーロと並んで左翼席のファンに向かってあいさつする(撮影・松本俊)

<ヤクルト1-2中日>◇14日◇神宮

中日のドラフト2位、京田陽太内野手(23)が球団の新人安打記録に肩を並べた。6回の第3打席でギルメットから左翼線にはじき返し、今季139安打。59年の江藤慎一に並んだ。

「偉大な先輩に並ぶことができて光栄に思います。まだゲームは続くので、これに満足することなく積み重ねていきたい」

半年におよぶ戦いは未知の世界。食が細いため、夏場は体力が落ちた。体重も入団時から3キロ減。ナゴヤドームで先輩の大島のロッカーを見て驚いた。「見たこともないサプリメントやプロテインがずらっと並んでいて。自分は本当に意識が低いと思いました」。食生活にも気をつけ、夏場を乗り切った。5月24日からは全試合フルイニング出場。現在は10試合連続安打とペースを上げている。

セ・リーグ記録は巨人長嶋茂雄の153。残り12試合で大記録を追いかける。1番遊撃で使い続ける森監督も「長嶋さんを抜いたらまずいだろう」と笑いつつ「1本でも多く打てれば、来年につながるものも出てくる」と期待した。5位チームで輝きを放つ新人は「実感はないです。記録のために野球をやっているわけではないので」と勝利につながるプレーをあらためて肝に銘じた。【柏原誠】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
ロッテ井口監督に一本化、3年基本の複数年提示へ
ホークスの"厚すぎる選手層"経営上の狙い
【中日】もう真っ赤には染めさせない 「ナゴヤドーム集客アップ」に必要なこと
日本ハム斎藤佑樹、後輩清宮プロ入り判断「大正解」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加