家族に遺体引き渡すも... 特徴が似ている別人と判明

家族に遺体引き渡すも... 特徴が似ている別人と判明

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/06/13
No image

動画を見る(元記事へ)

東京・葛飾区で去年6月に死亡した男性の遺体を警視庁が別の家族に引き渡していたことが分かりました。

葛飾区の江戸川で去年6月に溺れて死亡した男性について、千葉県で行方不明届が出ていた40代の男性と特徴が似ていたため、警視庁が家族に遺体を確認させたところ、「主人で間違いない」と話し、遺体を引き渡しました。ところが、先週に家族から「亡くなったと思った亭主が帰ってきた」と連絡があり、遺体が別人だったことが判明しました。遺体は都内の30代の男性と分かり、それぞれの家族に経緯などを説明しました。警視庁は「身元を誤認したまま、ご遺体を引き渡していたことは誠に遺憾」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
何が?父親は“脳死”、中傷ビラも 自殺偽装事件
女性を男8人で約2時間も集団レイプ 「国内の事件と思えない...」と戦慄走る
大阪・高石市の化学工場で火災 消防車15台が出動
【続報】東京・足立区 つくばエクスプレス「青井駅」の刃物男「包丁を研いでいた」可能性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加