朴槿恵大統領「辞意表明」弾劾決議案は不発?「私はすべての荷物を下ろしました」

朴槿恵大統領「辞意表明」弾劾決議案は不発?「私はすべての荷物を下ろしました」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/11/30
No image

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領はきのう29日(2016年11月)任期の2018年2月を待たず辞任することを表明した。「18年間の道のりは感謝と大切な時間だった。一瞬たりとも私利を追求せず、小さな私欲も抱かず生きてきました。いま起きているさまざまな問題も、私としては国のための公的な事業だと信じ推進してきたことで、その過程でいかなる個人的な利益も得ることはありませんでした」と語った。

「しかしながら、周辺の管理が至らなかったことは私の大きな過ちで、大統領の任期短縮を含む進退問題を国会の決定に委ねます。国政の混乱と空白を最小限にとどめ、安定した政権移譲ができる方策を整えていただければ、その日程と法手続きに従い大統領職から退きます」

韓国世論は「時間稼ぎだ」

野党は退陣表明を「弾劾を逃れるための小細工だ」と批判し、世論も「過ちを認めていない」「退陣でも下野でもなく、時間稼ぎに見える」「退陣するまで国民の力を見せる」と不満は募っている。

司会の小倉智昭「辞任表明と受け取っていいんですね」

拓殖大の武貞秀士特任教授は「それは間違いないです。談話でも『すべての荷物を下ろしました』と過去形で言っています。もう政治は嫌だという感じさえしますね。でも、弾劾ではなく任期短縮でというのは簡単ではないとおもいます」という。

与党非主流派は野党に同調せず?

大統領の進退には、弾劾罷免、任期満了、辞任の3つがあるが、今回さらに4 つ目の「国会に委ねる」というのが出てきたわけだ。野党は弾劾議案を提出する構えで、早ければあす12月2日にも採決に持ち込みたいとしている。弾劾には定数300の3分の2、200人の賛成が必要で、与党セヌリ党からも30人程度の造反が出て成立すると見られていたが、辞意表明で微妙になっているという。

小倉「与党の非主流派が考えを変える可能性はありますか」

武貞教授「十分にありますね。非主流派は30人あまりですが、任期短縮なら野党に同調する必要ないという判断もあり得ます」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「人類はかつてないほど危険な時期を迎えている」とホーキング博士が警告
15人の兵士が女性を輪姦...日本人だけが知らない南スーダンの惨状
ASKAどころではない! ハマると死ぬ世界の最新最凶ドラッグ5選
中絶手術後に妻死亡 夫が記者会見
なぜ...無資格で中絶手術、6日後に新妻死亡

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加