千葉・小4女児死亡 県が第三者委員会を設置

  • テレ朝news
  • 更新日:2019/02/14

千葉県野田市で小学4年の女の子が死亡して両親が逮捕された事件で、千葉県は事件を検証するために弁護士などの専門家でつくる第三者委員会を設置しました。

検証委員会は法律や教育、保健福祉など7つの分野の専門家8人で構成されています。先月、野田市で栗原心愛さん(10)が死亡した事件では、児童相談所や教育委員会などの不手際が指摘されています。委員会は再発防止のため、聞き取り調査を通じて関係機関の対応や連携を検証することにしています。1回目の会合は21日に開かれ、数回の議論を重ねて報告書を取りまとめ、森田知事に答申します。一方、野田市は副市長を委員長とする内部検証委員会を設置しました。委員には市の担当部長や顧問弁護士などのほか、識者としてジャーナリストの江川紹子さんや市との連携不足が指摘されている柏児童相談所なども参加します。事件を防げなかった問題点を検証し、再発防止策を市長に答申します。第1回の会合は28日に開かれる予定です。

「忘れた、分からない」小4女児死亡 父親再逮捕へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元プロボクサー、カラオケリモコンで元力士殴打 心肺停止で搬送され死亡
「生活費のため」...58歳女が自分の裸をライブ配信か
「手をつないで帰ろう」杖の老人 見ず知らずの女生徒に懇願 東京・世田谷区
「死ぬまで許して」店つぶした“バカッター”らのその後
「大津いじめ事件」、被害者自殺の原因を“いじめ”と認定 PTA会長を務める主犯格の親にも批判殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加