“死者の国”描くピクサー最新作「リメンバー・ミー」USプレミア開催

“死者の国”描くピクサー最新作「リメンバー・ミー」USプレミア開催

  • 映画.com
  • 更新日:2017/11/12
No image

リー・アンクリッチ監督&ジョン・ラセターら (C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディズニー/ピクサーの最新作「リメンバー・ミー」のUSプレミアが11月8日(現地時間)、米カリフォルニア・ロサンゼルスのエル・キャピタン・シアターで開催された。製作総指揮のジョン・ラセターリー・アンクリッチ監督のほか、同時上映される「アナと雪の女王」の新作「アナと雪の女王 家族の思い出」でエルサの声を演じたイディナ・メンゼル、クリストフの声を担当したジョナサン・グロフらが出席した。

映画は、メキシコの祝日「死者の日」を題材に、一族のおきてで大好きな音楽を禁止されたギター少年ミゲルの“死者の国”での冒険を描く。「トイ・ストーリー3」のリー監督とプロデューサーのダーラ・K・アンダーソン、製作総指揮のラセターが7年ぶりにチームを組んだ。

プレミア会場は、カラフルな“死者の国”を再現。劇中に登場する陽気なガイコツや、マリーゴールドの橋を彷彿させる約200メートルの“オレンジカーペット”が会場を彩り、ディズニー/ピクサー史上最大規模のプレミアイベントとなった。さらに、メキシコ音楽を演奏する楽団マリアッチが、クリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペス夫妻が手がけた新曲「リメンバー・ミー」を演奏し、ダンサーたちがパフォーマンスを披露した。

No image

ラセターは、本作がピクサー史上初めて音楽をテーマにした作品であることに触れ、ミゲルの家族の秘密を解き明かす重要な鍵となる楽曲「リメンバー・ミー」を「とても特別な曲」とコメント。同作では、世代を超えた「家族の大切さを描いている」といい、「日本でもどの国でも家族はとても大切な存在なんだ。この映画の素晴らしいところは、家族の記憶を残していきたいと思わせてくれるところなんだ。だから僕も妻と一緒に、家族の思い出をしっかりと覚えているようにしている。次世代にもそれが続くように祈っているし、だからこそこの映画は特別なんだ」と思い入れを明かした。

リメンバー・ミー」は、2018年3月16日から全国で公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゴールデンボンバー 全身金色タイツで“インスタ映え”を狙う
大泉洋・松田龍平コンビ4年ぶり!映画「探偵はBARにいる3」12月1日公開!ノベライズが先行発売中
Amazonプライム・ビデオに「ディックの電気の夢」登場――日本でも来年公開へ
AV業界の頭脳たちが一堂に会す!? SODの極秘ミーティングに潜入!
「シンプルに楽しめて最高に燃える!」寺中友将&八木優樹(KEYTALK)が種村有菜とマーベルを語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加