中日・荒木 仙さんの教えを胸に...生え抜き野手最長プロ23年目始動

中日・荒木 仙さんの教えを胸に...生え抜き野手最長プロ23年目始動

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/13
No image

キャッチボールする荒木

プロ23年目を迎える中日・荒木雅博内野手(40)が12日、今年初めてナゴヤ球場に現れ、軽いランニングやキャッチボールなどで汗を流した。在籍23年は立浪和義氏を抜いて球団の生え抜き野手では最長。今季からコーチ兼任になるチーム最年長野手は、入団時の監督だった故星野仙一氏の教えを胸に始動した。

「すべてが強烈な方だった。野球に対しての厳しさ、命懸けで野球をやるんだということを入った時から教えられた。それは僕の土台になっていて、周りに伝えていければと思います」

体に染み付いた星野イズムを若手に継承していくことも役割の一つ。強竜の血を受け継ぐベテランは、ゆっくりと23年目の戦いに足を踏み出した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
地元・仙台で駆け抜けた7年間 愛された元楽天29歳の足跡
日本復帰なら...中日 イチロー獲り 森監督意味深「話は進めてある」
異例! フットサル1部神戸が自らの判断で2部降格
平野美宇、夢の情熱大陸出演に“年齢制限”の壁が...
2017年・プロ野球界の「省エネ投手」は誰?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加